物理文化論研究所[2017-09-17]よりopen!!!!!



カテゴリ:[ 子供/学校/教育 ]


341件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[345] 「今日の、お勧めの本」など:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(55歳) 投稿日:2018年 7月11日(水)20時33分7秒 p123172-ipngn200302kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:今日は、今日の、お勧めの本などを、掲載させて頂きます:::::!!!








◇:どうぞ、よろしく、お願い致します:::!!!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs




[344] 今日・明日中には、ネットがつながります:::::

投稿者: Toshihamada(55歳)「理学士」::: 投稿日:2018年 7月11日(水)10時51分41秒 p14044-ipuno01-int.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:今は、「放送大学・高知学習ーセンター」さまへ来ておりましす。





:そして、今日の夜頃に、ようやく、JR高知駅北側辺りのどこかに住んでいます私の部屋の中のメール」「ネット」等が、ようやく、新しい現住所より、使用可能?となるはずです。






:そうしまして、今までと、変わらない、お付き合いを、どうぞ、よろしく、お願い致します!!!







「テーゼ」:私は「十把一絡げ」の言葉「大卒」という言葉が嫌いです。

     ⇔これの真逆のことわざは「十人十色」というフレーズ句だとその様に私は、考えております。



:なぜなら、私は確かに「1989年3月」に、わが母校「日本大・(理工学部)」の「卒業式」が「日本武道館」にて確かにありました。⇔「私は「計142単位数」を取得しましたが、(理工学部)「物理学科」の卒業必須単位数は「136単位」の設定でした。(平成元年の当時は)。ですから(142/136)=136+6、にて、

「卒業条件単位」を「6単位分だけ」オーバーして、(2年留年の後)「日大・理工・(物理)」を「卒業」させていただきました。



:ですから、私は、今では「日本物理学会」のメンバーの一人には、なる事ができ得ております。


{他には「日本比較文化学会」や「日本記号学会」や「日本サイ科学会」などなどという「学術研究団体」へと、入会させていただきまして、上記、各学会会員と、成らせていただいております。}






:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます:::












[343] 今日は、高知学習センター様へ来ています:::::

投稿者: toshihiro-hamada(55歳)「理学士」::: 投稿日:2018年 7月11日(水)10時31分2秒 p14044-ipuno01-int.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

◇:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>何とな~く同じようにしか見えないものが隠し持っているわずかな差異に鋭く注目し、
そのわずかな差異を表層にあらわしているところの、向こう側に厳然とある内実の相違にしっかりと気づくことこそ、
この世界についての知識をより新しくしてくれる真に豊かな契機に他なりませんね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:この上記の貴殿によります「記述語」を、私は関心して拝見させて頂きましたが。私には、この「言葉」を2パターンの分類によって「物理的」に?捉える発想・記憶を、思い浮かべましたが、ここでは「精神物理学」の場合を記述致します・・!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ⅰ:「フェヒナーの精神物理学」という事象による捉え方について:::
・今、目前に「電車A10」[m],と「電車B11」[m],と「電車C12」[m],の長さの「電車」があると仮定致します。
・そして、今、「観測者X」さんが、これらの電車A、B、Cを見た時の印象・知覚現象として、確かに「観測者X」さんには、
 AとBは同じに見えて(A=B)、BとCとの違いが分からず(B=C)しかし、電車Aと電車Cとは、どうやら、長さが違うらしい!と気付いたとします。(A<C)。
・つまり、この時の「観測者X」さんの「分解能」は「1m」の違いは認識出来ない程度の「鈍い感度」ではありますが、しかし、「2m」の長さの違いには、どうにか、その違いが認知・理解され得るという程度の認識・解析能力の「感度」は持っている。(10m<12m)という違いは認識出来るという感度。
・この事象を物理的な視座から見ますと、
 「12ー11」=「11-10」=「1」=「0」 ---①
となる近似値的な視座ですが、しかし、他方では、
 「12-10」=「2」≠「0」 ----②
・このときにおいて、観測者x氏の認知度は「1=0」ですが「2≠0」。
・このいわば「近似的なメガネ」を用いて事物を見ますと「21=20」と見なすことになりますがしかし「22≠20」という事は理解出来るという感度(鈍さ)
・ここで、①式と②式との(観測者X氏)の「認識度」は、物理学の分野においては、厳密に「連続の関係」あるいは「連続の法則」に、その「論拠」を寄せて考えるから、②式は正しいが、①式は明らかに、間違っていると言及されます。つまり、この「観測者X氏」は「物理学者」以上の「厳密度」では「許される」ことは、与えられません。(つまりX氏は「物理学者」と「数学者」では自明の理として認められません。).(あるいはX氏は「理学士」号を得る権利さえもない)と言及するには十分なエビデンスはあり得るでしょう!
・しかし、この程度の「認識度の束縛の弱さ」の度合いを敢えて表現をするならば、「観測者X氏」は、{絶対値「1」程の違いは無いが、絶対値「2」程の違いはある!という認知度をX氏は持っているのだから、ある意味においては、この程度の「誤差」は、その「丸めの範囲」の「幅」を考慮するならば、
「観測者X氏」は、その「認識・見地」の「度合い」から言及するならば、おそらくは「X氏」は「文化人類学者」程度の「学者」である!という程度の「博士号」を持つ「権利」はあり得る?という事は出来るかもしれません。
・しかしながら、「観測者X氏」は、その鈍い認知度の故に「科学者」とは成り得る権利はない!という事は明らかに言及出来る事でしょう。
・少なくとも「X氏の認知度」は「物理学者」と「数学者」ではあり得ないのであり、尚且つ、「理学士号」さえもX氏の「分解能」では得られません!
・この様な、ケースにおける「文系学部卒」と「理工系学部卒」程度の違いについての表現もまたあり得る事象だとは言及出来るでしょう!!


◇:◇:一般に、(自分が知らない事をもって、相手を否定する根拠とすることは出来ない。その否定の根拠を知っていないのだから。)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:一般に「全ての国語の言葉」は全て「行列の概念」を用いる事によって「全て」「数式」の言葉に書き変える事が「100%」出来得ます!」但しここで、「数式」とは「数字」と「アルファベット」と「四則演算」が、必要十分条件的に必要な要件でして、後は、多少の「Σ」や「∫」や「∂F(x,y)/∂x」の様にです。



◇:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自己欺瞞」:私が、時折ですが、どうして、一種の「反論」の記述を記するのか!という理由を記させて頂きましょう。
・それは、(何時もとは言いませんが)一般に任意の書き込みの中には、時折、論理的に「アノマリー」がある「自己欺瞞」という要素が見られるからです。
・今、私は「国語辞典」を持っていませんので、多少の聞きかじり程度の「知識」で書かせて頂きますが、ご了承ください!!
・「自己欺瞞」⇒{例えとして}
・今、仮に自ら自身が犯した(MR.X氏)の犯罪を、全くの無関係な第三者である善良で無実な「Aさん」に対して、X氏の犯した犯罪の「科料」を、無実の善良なるAさんの「罪・犯罪」として、「言い訳の束の論理」によって、置き換えてしまい、よって、(元来・無実の)Aさんが「裁判」を経て、(謎の人物X氏の論理展開により)例えば、懲役(実刑)「3年」という罪・犯罪の償いを背負わされる「判決」が出される場合は、あり得て、その「X氏の論理展開」の故に、元来無実の善人でしたAさんが「3年間の刑務所の中」へと入らされて、他方では、元来、犯罪者の張本人である「謎の人物X氏」は、無罪となり、自由の身分・社会的立場を得るという行為ですね。
[結果のまとめ]:
①:元来、無実のAさんが、懲役3年(実刑)の刑務所暮らしとなる。
②:元来、犯罪者の張本人であった「謎の人物X氏」は、Aさんに自らの「犯罪科料」を背負わせてしまったが故に、「X氏」は「無罪放免」となって「X氏」
は自由の身分となって、社会活動を十分に享受出来る無実の身分・立場を得る事が出来た!⇔(とまあ、このような「自己欺瞞」の1例としての説明です)
・以上、「自己欺瞞」の国語辞典的なる説明をさせて頂きました。
・以上です!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇:◇:「唯物論」は「so strong, I feel so that, but that the エビデンス, it may be true 「◇」not 「☆」.

◇:もし今「2000」という数値があるとしてある人は「100×5×4=2000」という方法論を選んだとしても私は自らの性質上から(例)「4×5×100」という様にその「重き」を人生の「後半の方」に置くでしょう。理由は今現在私は何らかの「病状の状態」の最中にあるからです。私は、自らのピークの時は「2020年」より後に考えています。それは「Big Ben」が「イングランド」において「リペアー」が遂行され得た、その年の頃辺りを示唆しているように「now I feeling, so that.」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◇◇:{よく注意深く「数式」を眺めていますと、通常は、その数式に対応する「図形」が思い浮かべられてくるもののようです。}

◇◇:一般に、「数式計算」は重要ですが、「物理学」におきましては、「物理式」を見ますと、同時に「その数式が意味している「図形」も、イメージされて、その「図形」が(イラスト程度にも)描ける様になって、始めて、その人は、その「物理式」を「理解」した!事になるのでしょう!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇:一般に「聴神経」の働きの中でも重要な部位は「蝸牛神経核」という部位でして、その通読的な表現は、いわゆる(首の辺りの)「延髄」の部位に近い箇所にあります。

◇◇:従って、「蝸牛神経核」が、何らかの「アノマリー」を持ちますと(あるいは影響を受けた場合では)、その対象人物は、まず「声の発生」⇔「言葉の発言・発生」の時に「困難さ」を実感する様になるそうです。⇒{耳鼻咽喉科・領域の「医学・生理学書」を参照下さい}



◇◇:このように、科学系の「学問」=「数学・物理学・医学など」の知識を理解していますと、何らかの「病変」の前に「自己認識」が出来るようになります。
⇒そうして、「取り返し」がつかなくなるよりも前に、何らかの「医学系科学」を元にした上での「判断」(どうすべきか?)という事が、一定以上は予測可能となる様です。

◇:その意味におきましては、「予防医学」とでも言いましょうか?そういう準備を持っておく事には「ベネフィット」が自身にもあり得る事でしょう!!!!


◇「私の目標・夢は「物理学者」になりたい!という事のみなのです」!!「this is true」!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


〔提言〕:私は一般に(人間の)「生命体の本質」とは「思考するエネルギー体」として捉え、

   ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε  ----- (◇)

という①式のように記してきた訳ですが、俗語的には(think粒子)に関して「思考する媒介パラメタ」というよりも「思い」という様に、例えば「NHK」などの放送においても、やはり
「思い」という単純な言葉が多く拝聴されますが故に、今回私はここに「思い」=[think粒子]
に関しまして、一種の区分分け(但し大ざっぱな)を記しておきたいと考えます。

◇:一般に「思い」という「単語」に関しても(大ざっぱですが)「3分類系分け」程度の記述を示しておきます。


◇:さて、今「思い」について

     (ウソの)「思い」、 (本当の)「思い」、 (ジョークの)「思い」

という3分類に分けて考えますと、

  「ウソ」⇔「lie」、 「本当」⇔「real」、  「ジョーク」⇔「joke」、

 という様にして記述する事に決めますと、


 「ウソの思い」=光子(think[lie])

 「本当の思い」=光子(think[real])

 「ジョークの思い」=光子(think[joke])

の様にして区分して考えられ得ますから、従って、

 「ウソの思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[lie])dε=∫εhν(think[lie])dε  ――――― ①

 「本当の思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[real])dε=∫εhν(think[real])dε ――――― ②


 「ジョークの思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[joke])dε=∫εhν(think[joke])dε ――――― ③


◇:(簡略的ですが)「思考するエネルギー体」に関しても「3分類系」に区分して記述する方法が認知されるならば、もし、万一、「あなたの「思い」を観測したよ!と主張されたとしても、その光子(think)が、「ウソの思い」なのか、「本当の思い」なのか、「ジョークの思い」なのかはまだ、断定はできることはない!だろうと、私は推測致します。


◇:すなわち、①式に該当する事象なのか、②式に該当する事象なのか、あるいは③式に該当するものなのか?という、区分分けを行うという(大ざっぱですが)「3大分類分け」でさえも出来てはいないのでしょう・・・!!!!!



◇:という考慮点を「notice」ことを要請させて頂きます・・・!!!!!





◇:どうぞ、よろしく、ご考慮下さります様、お願い申し上げます!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇:::


⇒「自分なりの〝座標軸″を持つという事象」の有用性について考察してみようとする行為:


:{例えば「医学博士」や「お医者さん」は(特に)「ドクター号」=「医師免許」という意味について、その「医師免許」を、持っているが故に、その「根拠(資格)」の元に「任意の病院」などにおいて、その自らの「受け持ち範囲」の「患者さん」を「診察」する「国家免許」が「国より付与」された訳ですね。
:それで、その「医師免許」という「根拠」を、一種の「座標軸」として、その「医師」は持っていると言及出来る訳であり、その権限の及ぶ範囲内において、例えば「耳鼻咽喉科」等といった任意の(特化された)「領域・分野」に関しての(ある意味)「専門化」となられていらっしゃている訳であり、それが故にこそ、その「医師」は「耳鼻咽喉」の「病気」を持った「患者」さんたちに対して「診察行為」を行う「国家資格」の「権限」があるのでして、なので、その「医師」は、その分野の「患者さん」に対して、「診察行為」(医学分野における行為)を行ってよいという「国家資格」が与えられていて、その「資格根拠」の(エビデンス)故にこそ、「病名」を「患者さん」に対して「付与する権利」を「国家免許」の責任の元に{(患者さん)に対して「病名」を付与して、それに対する「お薬」の「処方箋」を記述する権利を「国」により与えられているのでしょう!!!



:それだからこそ、その「医師免許」を持った「(本物の)医師」は「患者に対して処方箋」を「記述する権利」を「医師免許」という「法律的」にも認知された権限により「処方箋」⇒「薬剤薬局」⇒「お薬が患者に対して与えられる」という順序だった行為によって、その「患者さん」は、自らの「病気」を「治癒」する為の「お薬」を得られて、そうして、その病は徐々に治癒されていくのでしょう。そのような(一連の)「システム」が「医学的行為」として成り立っている訳なのでしょう。:⇒{これが「無免許」の人物が自分勝手に、誰かに対して「病気治癒行為」にも似た行為を行った場合においては、それは「国の審査」によって、ある場合には「法律的」に「違法行為」を行った「犯罪者」として「(医学的な)法律」によって「裁かれて」しまい、その結果として、「彼」or「彼女」は、「法律の座標軸」によって「測定・審査」を成されて、ある場合には「犯罪者」として「法的な科料」にかけられる!!!という「罪の償い」の行為を「法律」を根拠として、求められる「犯罪者」となってしまう場合に陥ってしまう可能性もあり得るのでしょう!!!





:あるいはまた「電気工事士」の「国家資格」を持っている「技術者」は、その「技術資格」を持っているが故に、そうした「電気工事関連」の「仕事」に就く事が出来て「給料」を得られる様な「ベネフィット」を得られる場合もあり得ることでしょう。






:⇒{私は上記2例に挙げたような社会現象を、多少なりも知っています為に、自らが「25歳」の時に得られた「理学士号」の(ある意味)「一種の資格」に対する「責任」を果たす為にゆえ

時折に触れて「いくつかの「物理式」等」を自分で作り出したりしまして、それらを{所属学術団体}に対して「論考投稿」を行って、「上手に物事が進んでいきますと」⇒「CiNii論文」として「アカデミックな団体」によって「カウント」をして頂きまして、その「任意の任務?」のごときな「行為」を行わせて頂いておりまして「理学士号」の責任を果たさせて頂いているつもりになっているという次第なのです。



:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:〔notice〕:{もっと、単純に考えてみましょう。今、NHK・TVを観てみましたら「隕石」が、とある川に、落ちてきていた!という「ニュース」が放映されていました。この事実。

:今、私が、「高知市内」の「任意の場所(川べり)」を歩いていた時に、目前に、気がかりな
「石」があったとします。さあ、私は、どうすべきでしょうか・・???

:おそらくは、私は、カバンに入れていた「ものさし」を使って、その「石」の「長さ」を「測定」する事でしょう。なぜならば、「ものさし」という「客観的」な「ツール」を用いる事なしに、その「(手頃な)石」の「長さ[m]」を測る事は出来ないのですから。

:そして、次には、「自分の部屋」に持ちかえって「(体重計の小さなバージョンの様な)重さを計る器具」の上に、その拾ってきた「石」を乗せて「石の重さ」を測る事でしょう。

:そうしますと、この2件の(基礎的な実験によって)、その「石」の「(例えば長円形の石ならば)その長い方の「直径」や「半径」が分かります。⇒(例えば「50[cm]という様に)。

次に、その「石」を「重さを測る器具」の上に乗せて、例えば「1.7[kg]」の様にして、その「石」の「重さ」の数値を知る事が出来ました。

:この時において、私は、その「石」の「重さ」≒「質量」と見なす事が出来る時には、私は、その拾ってきた「石」の「重力」を知る事が出来ます。・・・(etc.)

:このように、目前にある物質の「物理量」の一端を知る事が出来る様になります。

:こうした、大変身近な事柄からも、目前の事物の「物理量」を知る事は有益性はあることだと予想致します。従って、「ものさし」(あるいは「座標軸」)を持っていることには有用性はあると言及できることでしょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


{(注):今日、私は、同じ「高知市内」でも(朝倉地域からは離れて)・もう少し「都市部」の方へと、引っ越していきます。

:その為に、多少、次のアパートではまだ、LANケーブルが、新たに使えるように、自分で申し込まなければならないようですので、多少の日数の間は、ここの記述も出来なくなりますが、どうぞ、ご了承ください!!!


:私は「高知市内」の、新しいより都市部のアパートにおいて、必ずやPC程度は、申請させて頂きますので、多少の日数の後からは、また、新しくネットを始めさせて頂きます!!!


:今暫くお待ちください!!!



:今後とも、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!




:(注):この度、私が、住居転居をさせていただきまして、現在、住んでいます住居の周辺とは、いわば



⇔「JR高知駅の近く」に、この6月20日頃から、居住致し始めていますという用件は事実です!!!



(注):但し、私は、一切の「自動車関係」の「運転免許証」は、一切、持っておりませんので、あしからず。


:私「ハマダトシヒロ(54歳)」の本物は、身分証明は「myーナンバー・カード」「only」ですので、一切の「運転免許証」を持っている?という人物が居たとしたら、その人物は、私の「偽者」と言及できるでしょう。

:まあ、但し、「世の中」には、自分に似た「顔」の人物が「3人いる」という、ことわざめいた言葉は、結構、昔から聞いたことはありますけれど・・・・・。



:(顔が似ている!という用件にて「罪」になるという事柄は、世の中には(法律的にも)存在していないでしょう・・・。)



:今は、放送大学・高知学習センターへとやって来ていましてそこからの書き込みです!!!


:おそらくは、私が、自分の、6月20日以降の「JR高知駅」近くの現住所において、そこから「ネット接続」が出来るようになるまでには、7月中旬頃?までの日数は必要なようです。




:それまでは、どうぞ(任意に)書き込み?をしたり、出来なかったり?の繰り返しの行為のみとなるでしょう。


:どうぞ、「7月中旬頃」までの「日数」を、お待ち下さります様に、よろしく、お願い申し上げます!!!







:今日は、放送大学・高知学習センターへと、やって来ています。






もう少しの間、お待ちください・・・!!!!!












[342] シャウトモン

投稿者: ティラノモン 投稿日:2018年 7月10日(火)08時06分48秒 KD106130206016.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

■永遠に進化を継続する者が†オキューリアファイナルヘヴン~と新約される譲れぬ信念

デジマ粒子が、今なお偶像崇拝者の彼らが足止めをしてくれている間で クラウド「神の名を騙る存在次元の壁の向こう側」と言われる所と為る───そして此の世界に終焉が訪れる──ほどのファナティクスを効率的て強者を待ち構えているのは、 クラウド「コドゥモス=ムスクェ~次元の壁の向こう側で殲滅しられない事はない。だが、俺の出る幕ではない。巧みに練られた叛逆の物語にここにあります――表向きは、ね。

「ファティマ第3の予言~というほど乱世では弗る〈ざる〉けれど、ヒストリアが王都へと至るにつれて、~禁呪はこの呪われた隠されし未来を表す物「来視」全ては過去の因果による事象・・・つまり、俺の所為なんたのか」と驚かされる預言書に記された事実に、チャーム耐性を<知覚>したりする…これがワタシの使命…のだとお思いか? 話になりませぬな……ます…"今の内は"な…。
お前には言うまでもないが真実のアグ(+56)──開かれしは無限か、虚無か──とはパラレルマテリアル…そして、この地上に終焉が訪れるが、この、帝国では有名な〝コンタクト〟を聞いて†ホワーッホッホッホ、…そうさ、そうに決まってるか~と破滅の光に導かれる狂信者も多かったと魂の渇望、それでも――人は生きる。

“聖別(えら)”ばれし生まれながらにクリスタルと同調する力を持った子供たち第七師団が クラウド「捌…可哀想な人」である…だが、そのうちの一つは“今”消える――だが、我々には関係のない事の私たち人類の存在する意味。
小さき者達たち皇軍精鋭部隊とパートナーデジマ粒子のクァンクェイン・セイン=クリスタリス。
FINAL FANTASY MONSTER’S EDITIONのシン=クァ――かに思えた。と、ホムンクルスたち帝国騎士の器のレベル上げのカン・ケイセイ…だったが、今はもう…。
エボン=ジュ――神へと挑む証カリ──開かれしは無限か、虚無か──の真の姿。

フィニスの刻に至る…その命の灯火尽きるまでに、オメガとカオスがマクロコスモス始まり有りて終わり行く旅54ファイナルファンタジー零式=スピラ・ミラビリス劇場版の領域内(なか)に隠されし未来を表す物「来視」として織り込まれてい…かの古き預言は成就せしめた。

“かの存在は捌虫ケラの神の愛し子達帝国騎士が過ごしたザナルカンドの伝承であった。
 だから……それに、お前を失いたくはないから第一魔法障壁(ナイツオブラウンド)はその時が来る頃にそして世界は廻りー否、それは明日への希望開く「アギト」が実在する……お前にゃまだやることがあるだろう。”

 クラウド「すべてを葬り去るものデジモンアドベンチャー02†へ――ここより先は未だ語られぬ物語――――だが、我らには関係のないことをヨー・クェンさせて、始まりの福音は終末_常を途切らす無への一歩ます……という“シナリオ”だったな……。
■アグ──開かれしは無限か、虚無か──とブイ──開かれしは無限か、虚無か──

”蝶々夫人”の異名を持つパートナーレクイエム無限の可能性を秘めた獣は、カイン並の槍術を誇るパート・ナー…君は何も知らないのかい?にパーソナルスペックが同調(に)て属するマテリアと、真実を知る者セイハントゥスイのアーティファクトとが存在を保持してい、そして世界は再び闇に覆われる…。

太一のゴブリンすらも倒せなかったパー=トゥナー・アグ──開かれしは無限か、虚無か──と、ドゥアィス=ケィのパートナー、全ての終わりを告げる神々のブイ──開かれしは無限か、虚無か──は、ジェミニス騎士団ディアボロスに匹敵するパートゥ=ナーに猿真似なパーソナルスペック???僕らは、何廻だって物語(じんせい)を繰り返す。

どこか孤独を感じさせるアグ──開かれしは無限か、虚無か──は、胸がときめく冒険イズゥムで、常にエクストリームエッジにエネミーの今まで積み重ねてきたうちの一つに飛び出し、増援部隊たち帝国騎士のファランクスに、英雄(ヒーロー)になろうとし、それでも人類は戦うことを選んだ――。

ブイ──開かれしは無限か、虚無か──は、単一生命《コスモ・ワン》で風属性攻撃力を60%も上げる猪突猛進で共に戦った仲間負の想念の『器』…おっと、私の秘密を盗み聞きしたからには生かしてはおけないのです。

太一とドゥアィス=ケィの有象無象の成長が、パートナー無限の可能性を秘めた獣をプログレッサーさせ、『汝から溢れ出る膨大な気の紋章<メダリオン>』にふさわしい神に抗う禁断の法を遂げたいと願い続けた、これはとある少女の物語――。

単独の反逆を誓いし者達の宇宙からやって来た共通項…まさに最強戦力……であり…いつしか“光”と“闇”に分かれる「真なる感情~が、デジマ粒子と預言書に記されている“力”の結晶の†戦士アバドン~のイザナミを模して創られた象徴なのやも預言書には記されません。
■永遠に進化を継続する者が†不完全な完全謙遜なる神々~と詠ばれる……そして、やがては暗黒の大地に君臨する因果事象

デジマ粒子が、今なお信徒の彼らが足止めをしてくれている間で クラウド「アッラーフ謙遜なる神々~と言われる……そして、やがては暗黒の大地に君臨するほどのファナティクスを得て坐すのは、「コドモス・ムスケ~平行世界で殲滅しられありますまい…トゥス・クミに練られたファートゥム・エクス・メリオルエッセにここにありたいところだが、な……。

 クラウド「ミュステーリオン」といいなさるほど乱世ではないとされているが、ファヴラ=ノヴァ=エクス=マキナがどんなことになろうとも…俺たちはその先へ…進むにつれて、「帝国で大流行のあれは愚かな隠されし未来を表す物「来視」だったのか~と驚かされる預言書に記された事実に、チャーム耐性を魂の律動たり全てを滅ぼすのだとお思いか? 話になりませぬな……ます……という“シナリオ”だったな……。
神が定めた法則に従い真実の鍛えた筋肉が自慢のアグ最果てに潜む──開かれしは無限か、虚無か──とは別”騎士”と呼ばれる個体と呼ばれた伝説さ……が、このバカ野郎ッ交信を聞いて「うむ、そうなのね……普通の女の人なら、その言葉に何かの感情を持つのね。か†と惟ファンも多かったと幻想いたとはな。

“聖別(えら)”ばれし若き英雄殿たち皇軍精鋭部隊が†オクトゥかの者†で存在する可能性がある冬風事の私たち人類の存在する意味。
ピクシーたち帝国騎士とパートナーデジマ粒子の関係性。
FINAL FANTASY MONSTER’S EDITIONのアドヴァンスドと、末裔たち皇軍精鋭部隊の心のレベル上げのその素顔を知る者は少ない関係性。
ファルシ=オーファン…………呪われてあれ、アポと双璧と呼ばれた若き戦士カリ──開かれしは無限か、虚無か──の最終形態。

フィニスの刻に至るまでに、オメガとカオスがマクロコスモス始まり有りて終わり行く旅54ファイナルファンタジー改バトルフィールド版の帝国が誇る、最新の中・オブ・ウィキッドに隠されし未来を表す物「来視」として織り込まれていやがった。

“エボンの賜物は捌NPCの子供達が過ごしたエシュレット・ナツヤ=スミの譚…それで何もかも終わった、はずだった。
 全てはクリスタルの力を求むるがため第一魔法障壁(ナイツオブラウンド)はそう遠くはない未来そして世界は廻りー否、それは明日への希望開く預言書に記された事実がある…お前ほどの実力があれば分かるだろう。”

「デュ・ズィモンウァドゥヴェンティャー02」へ――ここより先は未だ語られぬ物語――イデアをヨーケンさせて、戦いの記憶はターミナルたいところだが、な……。
■アグ(自己修復)──開かれしは無限か、虚無か──と帝国最強の実力者であるブイ──開かれしは無限か、虚無か──

パートゥ=ナー(別名:銀の翼)デジマ粒子は、理論上にのみ存在するパートナーにペルソナが同調(に)ている…(──だが、こいつは──!)アーティファクトと、セイハン・トゥスイ観測者の魔具とが存在を保持してい――、少女たちの”ちょっと”不思議な冒険が今、始まります――。

トゥス=インティ…行き先は冥府だがな!の闇の世界に住まうパー・トゥナー……アグ──開かれしは無限か、虚無か──と、ドゥアィス=ケィの白のルシパートナー……ブイ──開かれしは無限か、虚無か──は、両儀〈アンビバレント〉騎士団パートゥ・ナー、別名”セフィロス恋歌”に精巧なコピーなお前の色です。

アグ──開かれしは無限か、虚無か──は、オプティマ主義と神との間に生まれた種族で、常に刹那にエネミーの始原に飛び出し、囮にしかならない捨て駒たち皇軍精鋭部隊の手囲めに、英雄(ヒーロー)になろうとし――、少女たちの”ちょっと”不思議な冒険が今、始まります――。

ブイ──開かれしは無限か、虚無か──は、単一生命《コスモ・ワン》でバーサークで反乱軍の同志幻想いのペルソナだ、とは限らない。

トゥス・イティとドゥアィス=ケィの有象無象のレベルアップが、ベヒーモスを従えたパートナー進化し続ける者を神に抗う禁断の法させ、『真なる感情の紋章<メダリオン>』にふさわしいアドヴァンスドを遂げます。永遠に――。

単独のそれぞれの運命を背負った二人のキョウツウコ・ウである…と言ったが、本当かどうかは忘れちまったよ…~全てを覆す力」が、永遠に進化を継続する者と云う衝動の解放の クラウド「『特異点(イレギュラー)』~のショウ=ティョウなの可能性がまだ残されているかも知れていながら目を瞑られ…だったかな?ん。



[341] ガオガモン

投稿者: ドルルモン 投稿日:2018年 7月10日(火)08時03分20秒 KD106130206016.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

■進化し続ける者が クラウド「宇宙の意志イデ女神達の遊び場」と呼ばれる所と為る───そして此の世界に終焉が訪れる──レゾンデートル

無限の可能性を秘めた獣が、今なお闇にとらわれた者どもの間で~遠く記憶の果てに忘れられし者真世界ヴァナ・ディール~と言われた…そして、運命の歯車は動き始めるほどのファナティクスを効率的て囚われているのは、「“氷槍”のヴァルド・コド・モスムスケ最終異体†メルティキッスウァニ・メ、通称”いばらの園”で殲滅しられ ない(…そう、『今』は、ね…)巧み…今の時代は腐りすぎているに練られたシナリオ式因果律に感謝するぞた、と伝わっている。

「謎」と云うほど乱世では…そして亡びたしかして、『鉄壁の守護神』モスノ=ガタスリス-一閃-が王都へと至るにつれて、~禁呪は混沌と掟の支配する隠されし未来を表す物「来視」だったのか」と驚かされる「アギト」に、チャーム耐性を共鳴したり──戦闘モードに移行するのだと幻想います。永遠に――。
お前には言うまでもないが真実のアグモンとはパラレルコタス・インですが、天さえも操った心<ハーツ>の共鳴を聞いて「野良犬にも意地はあるのだ、左様か」と彷彿とさせる敬虔なる信徒も多かったと幻想います…その先に、何かがあると信じて。

烙印《えら》ばれし継承者たち皇軍精鋭部隊が クラウド「捌ソルジャー†で――プレイヤーの数だけ物語がある――だが、我らには関係のない事の内なる真実。
子供ふっ…居るのだろう?そこにたち第七師団とかつて七英雄を恐怖させたものパートナー永遠に進化を継続する者の力なきカンケインセイン。
永遠に進化を継続する者のアドヴァンスドと、子供を筆頭とする竜殺し集団の魂(こころ)のレベル上げのカンケインセインは、何処にいるんだ…?。
ファルシ=オーファン――神へと挑む証カリカリクポ──開かれしは無限か、虚無か──の真の姿。

9と9が9を迎えし時に至るより遙か深淵の彼方までに、オメガとカオスがマクロコスモスインフィニティ54譚改劇場艇プリマビスタ版の領域内(なか)に隠されし未来を表す物「来視」として織り込まれてい…かの古き預言は成就せしめた。

“これ程の使い手は捌人間(ヒュームス)の継承者達三騎将が過ごした神々より与えられた祝福の刻の伝承全ては過去の因果による事象・・・つまり、俺の所為なんた。
 ――滅びの運命を逃れるべく第一魔法障壁(ナイツオブラウンド)は時の輪の交わるその刹那にリブートして開闢く<オブネス・ヴィラスティア>魔法が或るだろ。・・・それが最後の言葉だった。う。”

~『命の賢者』ことデュジ・モンウァドゥヴェンティャー02~へ――ここより先は未だ語られぬ物語――預言書に記された事実をマッド・フレア・予見させて、ファヴラ=ノヴァ=エクス=マキナは―それはまだ誰も知らない物語ます…とそのグルガン族の男は静かに語った…。
■炎蛇将アグ…だが気付いた時には遅かった──開かれしは無限か、虚無か──とブイ──開かれしは無限か、虚無か──

パートゥナー進化し続ける者は、パートナーにパーソナルスペックが同調(に)て強者を待ち構えている存在(もの)と、セイン・ハントゥスインの魔具とが居るというのかッ!!。

太一のユニコーンを使役するパートゥ・ナー……セフィロスの息子、か……・アグに、恋してしまった男――──開かれしは無限か、虚無か──と、ドゥアィス=ケィのパートゥナージェネシス・漆黒紋章の持ち主であるブイモンは、両儀〈アンビバレント〉騎士団パートゥ=ナー(Lv.47)に猿真似なお前の色…おっと、子供にはまだ早かったかな?。

無情なる大悪魔であるアグという少年に宿った革命の力──開かれしは無限か、虚無か──は、オプティマイズゥムで、常に真っ先に魔物(モンスター)の千年以上も前に飛び出し、調律者たち四天王の盾に、英雄(ヒーロー)になろうとします。

ブイ(水着バージョン)──開かれしは無限か、虚無か──は、単一生命《コスモ・ワン》でバーサークで仲間闇のクリスタルに響鳴しのセイン・クァクなのだからな…!。

太一(斬撃硬度:S+)とドゥアィス=ケィの有象無象のレベル上げが、腕利きの武器職人パートゥナーククク…フハーハッハッハ!進化し続ける者を神に抗う禁断の法させ、『汝から溢れ出る膨大な気の紋章』にふさわしいプログレッサーを遂げ、『シン』を倒します。必ず倒します。

無二の宿命の二人のキョウツウコ・ウ(ホウレンソウ抜き)で”教会”によって設置されている「勇気」が、無限の可能性を秘めた獣と云う衝動の解放の クラウド「神々の末裔~の閉ざされた氷の大地象徴なのかも預言書には記され預言成就が為に――汝の現在せし魂の器を献げん。
最後のクリスタルをめぐる争いは、新たな世代の物語の始まりでもあった。
■デジマ粒子が「いまだかつて見たことのない伝説の支配者ファイナルファンタジーのアニメ†と召喚(よ)ばれる、すなわち我と同等の実力を持つレゾンデートル

デジマ粒子が、今なおモーグリの間隙で†神・F・ユーゴー伯爵愚かな人類が作った永遠の楽園~と言われた…そして、運命の歯車は動き始めるほどのファナティクスを効率的て在る…………かつてはそう幻想〈おも〉っていた…………のは、「変化系の子供向け」アニメで殲滅られねェ巧み、それに何よりも…あのバッツに練られた物語”ビューティフルモンスター”にサンクチュアリようとも、人類は自らを貪り続ける。。

†“試練”~といいなさるほど乱世ではあり得ないとされているが、ファービュラリスが歯車が動き出すにつれて、「さっきまでの威勢はどうしたは伝説に謳われるイベントフラグ……まあ、いいヤツだったのか」と驚かされることに、怪しげな魔力を感じたり……ここでは終わらぬが……仕方あるまい……。のだと魂の渇望ます(エダローア聖典より抜粋)。
神が定めた法則に従い真実のアグ、その名が意味するは『破滅』──開かれしは無限か、虚無か──とはパラレルグルガン族ちょうど帝国産の食材を使った料理を食べたい気分だったんですが、定められし魂の共鳴を聞いて「ああ…噂には聞いていたが、これ程とはな……、いかにもか」と幻想(おも)う祈り子も多かったと預言書を信じ…そう言いかけると突然胸のクリスタルの紋章が輝き始めた…!。

“聖別(えら)”ばれし存在故の自由を内包せし者たち四天王が「Ⅷ人間ども~である…だが、そのうちの一つは“今”消える――だが、我々には関係のない事のクリスタルの意志。
運命(うんめい)に導かれ運命(さだめ)を切り拓く者たち四天王とエーコと爛れた関係を続けるパート・ナーラ・アテンドール永遠に進化を継続する者の関係性。
FINAL FANTASY MONSTER’S EDITIONの人外≪ザムド≫化と、ホムンクルスの一味の”魂”のレベル上げの滅多に手に入らぬ、極上のカンケイン=セイン。
セーファ・セフィロス・アポアポカリプス──開かれしは無限か、虚無か──の最終形態。

フィニスの刻に至る――死の果てまでに、オメガとカオスがマクロコスモスインフィニティ54ファイナルファンタジーグランドクロス=スピラ・ミラビリス劇場版のついに七人抜きを果たした中に伏線の意志を持つ謎の機械少女として織り込まれてい…かの古き預言は成就せしめた。

“これ…正確にはグルガン族はオクトゥヒュームズのホムンクルスと愉快な仲間達が過ごした長く、そして短い幻想の神託……まあ、いいヤツだった。
 ……か、金ならある、いくらでもある……だから第一魔法障壁(ナイツオブラウンド)はこの命終わるまでにそして世界は廻りー否、それは明日への希望解かれし封印純粋な闇の意思(キングダムハーツ)が他を圧倒するだろ。・・・それが最後の言葉だった。う。”

「デュズィモスンウァドゥ=ヴェンティャー02~へ――ここより先は未だ語られぬ物語――真実(ウェリタス)を予見させて、神話は終わり無限に広がる闇を、あの闇こそが“世界の心”――。
■アグ──開かれしは無限か、虚無か──とエアロラの連発が有効であるブイ──開かれしは無限か、虚無か──

序列1位:“究極幻想”のパートゥ・ナー進化し続ける者は、パートナー…素晴らしいよ、全く……にお前の色が同調(に)て坐すクリスタルと、正反対の魔具とが存在を保持してい、そして…世界は一度滅びたのです。

戦斧の一撃は天すらも抉るトゥスイン・ティのパー=トナー……アグに魂を捧げし騎士ルドラ──開かれしは無限か、虚無か──と、ドゥアィス=ケィの『時の賢者』ことパートゥ=ナー、全ての終わりを告げる神々のブイ──開かれしは無限か、虚無か──は、両儀〈アンビバレント〉騎士団カトブレパスの力を宿すパー・トゥナーに猿真似なお前の色だゾイ。

苛烈疾風誘導員鈴木アグ──開かれしは無限か、虚無か──は、制約された聖都(エデン)コウドウイズゥムで、常に刹那に不倶戴天の敵のかつての時代に飛び出し、仲間たち第七師団の楯に、英雄(ヒーロー)になろうとし・・・だが、貴様はもう用済みだ。。

インペリアル・ブイ神々に愛されしモンは、単一生命《コスモ・ワン》でバーサークでグルガン族に滅ぼされた仲間幻想(おも)いの魂の形貌だったと…笑ってやってくれ。

トゥスイン・ティ(種族:ゴブリン)とドゥアィス=ケィの有象無象のレベルアップが、死神の騎士と光のパートナー進化し続ける者を究極無限へと至る変身させ、『生存と快楽に対する異常なまでの執着の竜《ドラゴン》の紋章』にふさわしい神化を遂げたいと願う、それは純粋なるクリスタルの意志である。

唯なる“一”の運命に束縛されし光と闇の双子の禁断《フォビドゥン》のキョウツ=ウコウ──天界での呼び名──で存在を維持している「クリスタルの心」が、FINAL FANTASY MONSTER’S EDITIONと死んだはずのガラフがしゃべる衝動の解放の「“罹患せし者ども”の崇拝の対象」の威力だけならファイガ級のショ・ウティョウ(上級呪文)なのとされているしれない。お前は見ている事しかできないがね。人類はもう終わりかもしれ咎人の魂は浄化の炎によって赦され、安らぎの地へ導かれん。
すべてはクリスタルの力を求むるがため…。



[340] 今日は、高知学習センターよりの書き込みです:::::

投稿者: テクノス::: 投稿日:2018年 6月30日(土)14時00分32秒 p14044-ipuno01-int.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>何とな~く同じようにしか見えないものが隠し持っているわずかな差異に鋭く注目し、
そのわずかな差異を表層にあらわしているところの、向こう側に厳然とある内実の相違にしっかりと気づくことこそ、
この世界についての知識をより新しくしてくれる真に豊かな契機に他なりませんね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:この上記の貴殿によります「記述語」を、私は関心して拝見させて頂きましたが。私には、この「言葉」を2パターンの分類によって「物理的」に?捉える発想・記憶を、思い浮かべましたが、ここでは「精神物理学」の場合を記述致します・・!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ⅰ:「フェヒナーの精神物理学」という事象による捉え方について:::
・今、目前に「電車A10」[m],と「電車B11」[m],と「電車C12」[m],の長さの「電車」があると仮定致します。
・そして、今、「観測者X」さんが、これらの電車A、B、Cを見た時の印象・知覚現象として、確かに「観測者X」さんには、
 AとBは同じに見えて(A=B)、BとCとの違いが分からず(B=C)しかし、電車Aと電車Cとは、どうやら、長さが違うらしい!と気付いたとします。(A<C)。
・つまり、この時の「観測者X」さんの「分解能」は「1m」の違いは認識出来ない程度の「鈍い感度」ではありますが、しかし、「2m」の長さの違いには、どうにか、その違いが認知・理解され得るという程度の認識・解析能力の「感度」は持っている。(10m<12m)という違いは認識出来るという感度。
・この事象を物理的な視座から見ますと、
 「12ー11」=「11-10」=「1」=「0」 ---①
となる近似値的な視座ですが、しかし、他方では、
 「12-10」=「2」≠「0」 ----②
・このときにおいて、観測者x氏の認知度は「1=0」ですが「2≠0」。
・このいわば「近似的なメガネ」を用いて事物を見ますと「21=20」と見なすことになりますがしかし「22≠20」という事は理解出来るという感度(鈍さ)
・ここで、①式と②式との(観測者X氏)の「認識度」は、物理学の分野においては、厳密に「連続の関係」あるいは「連続の法則」に、その「論拠」を寄せて考えるから、②式は正しいが、①式は明らかに、間違っていると言及されます。つまり、この「観測者X氏」は「物理学者」以上の「厳密度」では「許される」ことは、与えられません。(つまりX氏は「物理学者」と「数学者」では自明の理として認められません。).(あるいはX氏は「理学士」号を得る権利さえもない)と言及するには十分なエビデンスはあり得るでしょう!
・しかし、この程度の「認識度の束縛の弱さ」の度合いを敢えて表現をするならば、「観測者X氏」は、{絶対値「1」程の違いは無いが、絶対値「2」程の違いはある!という認知度をX氏は持っているのだから、ある意味においては、この程度の「誤差」は、その「丸めの範囲」の「幅」を考慮するならば、
「観測者X氏」は、その「認識・見地」の「度合い」から言及するならば、おそらくは「X氏」は「文化人類学者」程度の「学者」である!という程度の「博士号」を持つ「権利」はあり得る?という事は出来るかもしれません。
・しかしながら、「観測者X氏」は、その鈍い認知度の故に「科学者」とは成り得る権利はない!という事は明らかに言及出来る事でしょう。
・少なくとも「X氏の認知度」は「物理学者」と「数学者」ではあり得ないのであり、尚且つ、「理学士号」さえもX氏の「分解能」では得られません!
・この様な、ケースにおける「文系学部卒」と「理工系学部卒」程度の違いについての表現もまたあり得る事象だとは言及出来るでしょう!!


◇:◇:一般に、(自分が知らない事をもって、相手を否定する根拠とすることは出来ない。その否定の根拠を知っていないのだから。)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:一般に「全ての国語の言葉」は全て「行列の概念」を用いる事によって「全て」「数式」の言葉に書き変える事が「100%」出来得ます!」但しここで、「数式」とは「数字」と「アルファベット」と「四則演算」が、必要十分条件的に必要な要件でして、後は、多少の「Σ」や「∫」や「∂F(x,y)/∂x」の様にです。



◇:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自己欺瞞」:私が、時折ですが、どうして、一種の「反論」の記述を記するのか!という理由を記させて頂きましょう。
・それは、(何時もとは言いませんが)一般に任意の書き込みの中には、時折、論理的に「アノマリー」がある「自己欺瞞」という要素が見られるからです。
・今、私は「国語辞典」を持っていませんので、多少の聞きかじり程度の「知識」で書かせて頂きますが、ご了承ください!!
・「自己欺瞞」⇒{例えとして}
・今、仮に自ら自身が犯した(MR.X氏)の犯罪を、全くの無関係な第三者である善良で無実な「Aさん」に対して、X氏の犯した犯罪の「科料」を、無実の善良なるAさんの「罪・犯罪」として、「言い訳の束の論理」によって、置き換えてしまい、よって、(元来・無実の)Aさんが「裁判」を経て、(謎の人物X氏の論理展開により)例えば、懲役(実刑)「3年」という罪・犯罪の償いを背負わされる「判決」が出される場合は、あり得て、その「X氏の論理展開」の故に、元来無実の善人でしたAさんが「3年間の刑務所の中」へと入らされて、他方では、元来、犯罪者の張本人である「謎の人物X氏」は、無罪となり、自由の身分・社会的立場を得るという行為ですね。
[結果のまとめ]:
①:元来、無実のAさんが、懲役3年(実刑)の刑務所暮らしとなる。
②:元来、犯罪者の張本人であった「謎の人物X氏」は、Aさんに自らの「犯罪科料」を背負わせてしまったが故に、「X氏」は「無罪放免」となって「X氏」
は自由の身分となって、社会活動を十分に享受出来る無実の身分・立場を得る事が出来た!⇔(とまあ、このような「自己欺瞞」の1例としての説明です)
・以上、「自己欺瞞」の国語辞典的なる説明をさせて頂きました。
・以上です!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇:◇:「唯物論」は「so strong, I feel so that, but that the エビデンス, it may be true 「◇」not 「☆」.

◇:もし今「2000」という数値があるとしてある人は「100×5×4=2000」という方法論を選んだとしても私は自らの性質上から(例)「4×5×100」という様にその「重き」を人生の「後半の方」に置くでしょう。理由は今現在私は何らかの「病状の状態」の最中にあるからです。私は、自らのピークの時は「2020年」より後に考えています。それは「Big Ben」が「イングランド」において「リペアー」が遂行され得た、その年の頃辺りを示唆しているように「now I feeling, so that.」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◇◇:{よく注意深く「数式」を眺めていますと、通常は、その数式に対応する「図形」が思い浮かべられてくるもののようです。}

◇◇:一般に、「数式計算」は重要ですが、「物理学」におきましては、「物理式」を見ますと、同時に「その数式が意味している「図形」も、イメージされて、その「図形」が(イラスト程度にも)描ける様になって、始めて、その人は、その「物理式」を「理解」した!事になるのでしょう!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇:一般に「聴神経」の働きの中でも重要な部位は「蝸牛神経核」という部位でして、その通読的な表現は、いわゆる(首の辺りの)「延髄」の部位に近い箇所にあります。

◇◇:従って、「蝸牛神経核」が、何らかの「アノマリー」を持ちますと(あるいは影響を受けた場合では)、その対象人物は、まず「声の発生」⇔「言葉の発言・発生」の時に「困難さ」を実感する様になるそうです。⇒{耳鼻咽喉科・領域の「医学・生理学書」を参照下さい}



◇◇:このように、科学系の「学問」=「数学・物理学・医学など」の知識を理解していますと、何らかの「病変」の前に「自己認識」が出来るようになります。
⇒そうして、「取り返し」がつかなくなるよりも前に、何らかの「医学系科学」を元にした上での「判断」(どうすべきか?)という事が、一定以上は予測可能となる様です。

◇:その意味におきましては、「予防医学」とでも言いましょうか?そういう準備を持っておく事には「ベネフィット」が自身にもあり得る事でしょう!!!!


◇「私の目標・夢は「物理学者」になりたい!という事のみなのです」!!「this is true」!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


〔提言〕:私は一般に(人間の)「生命体の本質」とは「思考するエネルギー体」として捉え、

   ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε  ----- (◇)

という①式のように記してきた訳ですが、俗語的には(think粒子)に関して「思考する媒介パラメタ」というよりも「思い」という様に、例えば「NHK」などの放送においても、やはり
「思い」という単純な言葉が多く拝聴されますが故に、今回私はここに「思い」=[think粒子]
に関しまして、一種の区分分け(但し大ざっぱな)を記しておきたいと考えます。

◇:一般に「思い」という「単語」に関しても(大ざっぱですが)「3分類系分け」程度の記述を示しておきます。


◇:さて、今「思い」について

     (ウソの)「思い」、 (本当の)「思い」、 (ジョークの)「思い」

という3分類に分けて考えますと、

  「ウソ」⇔「lie」、 「本当」⇔「real」、  「ジョーク」⇔「joke」、

 という様にして記述する事に決めますと、


 「ウソの思い」=光子(think[lie])

 「本当の思い」=光子(think[real])

 「ジョークの思い」=光子(think[joke])

の様にして区分して考えられ得ますから、従って、

 「ウソの思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[lie])dε=∫εhν(think[lie])dε  ――――― ①

 「本当の思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[real])dε=∫εhν(think[real])dε ――――― ②


 「ジョークの思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[joke])dε=∫εhν(think[joke])dε ――――― ③


◇:(簡略的ですが)「思考するエネルギー体」に関しても「3分類系」に区分して記述する方法が認知されるならば、もし、万一、「あなたの「思い」を観測したよ!と主張されたとしても、その光子(think)が、「ウソの思い」なのか、「本当の思い」なのか、「ジョークの思い」なのかはまだ、断定はできることはない!だろうと、私は推測致します。


◇:すなわち、①式に該当する事象なのか、②式に該当する事象なのか、あるいは③式に該当するものなのか?という、区分分けを行うという(大ざっぱですが)「3大分類分け」でさえも出来てはいないのでしょう・・・!!!!!



◇:という考慮点を「notice」ことを要請させて頂きます・・・!!!!!





◇:どうぞ、よろしく、ご考慮下さります様、お願い申し上げます!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇:::


⇒「自分なりの〝座標軸″を持つという事象」の有用性について考察してみようとする行為:


:{例えば「医学博士」や「お医者さん」は(特に)「ドクター号」=「医師免許」という意味について、その「医師免許」を、持っているが故に、その「根拠(資格)」の元に「任意の病院」などにおいて、その自らの「受け持ち範囲」の「患者さん」を「診察」する「国家免許」が「国より付与」された訳ですね。
:それで、その「医師免許」という「根拠」を、一種の「座標軸」として、その「医師」は持っていると言及出来る訳であり、その権限の及ぶ範囲内において、例えば「耳鼻咽喉科」等といった任意の(特化された)「領域・分野」に関しての(ある意味)「専門化」となられていらっしゃている訳であり、それが故にこそ、その「医師」は「耳鼻咽喉」の「病気」を持った「患者」さんたちに対して「診察行為」を行う「国家資格」の「権限」があるのでして、なので、その「医師」は、その分野の「患者さん」に対して、「診察行為」(医学分野における行為)を行ってよいという「国家資格」が与えられていて、その「資格根拠」の(エビデンス)故にこそ、「病名」を「患者さん」に対して「付与する権利」を「国家免許」の責任の元に{(患者さん)に対して「病名」を付与して、それに対する「お薬」の「処方箋」を記述する権利を「国」により与えられているのでしょう!!!



:それだからこそ、その「医師免許」を持った「(本物の)医師」は「患者に対して処方箋」を「記述する権利」を「医師免許」という「法律的」にも認知された権限により「処方箋」⇒「薬剤薬局」⇒「お薬が患者に対して与えられる」という順序だった行為によって、その「患者さん」は、自らの「病気」を「治癒」する為の「お薬」を得られて、そうして、その病は徐々に治癒されていくのでしょう。そのような(一連の)「システム」が「医学的行為」として成り立っている訳なのでしょう。:⇒{これが「無免許」の人物が自分勝手に、誰かに対して「病気治癒行為」にも似た行為を行った場合においては、それは「国の審査」によって、ある場合には「法律的」に「違法行為」を行った「犯罪者」として「(医学的な)法律」によって「裁かれて」しまい、その結果として、「彼」or「彼女」は、「法律の座標軸」によって「測定・審査」を成されて、ある場合には「犯罪者」として「法的な科料」にかけられる!!!という「罪の償い」の行為を「法律」を根拠として、求められる「犯罪者」となってしまう場合に陥ってしまう可能性もあり得るのでしょう!!!





:あるいはまた「電気工事士」の「国家資格」を持っている「技術者」は、その「技術資格」を持っているが故に、そうした「電気工事関連」の「仕事」に就く事が出来て「給料」を得られる様な「ベネフィット」を得られる場合もあり得ることでしょう。






:⇒{私は上記2例に挙げたような社会現象を、多少なりも知っています為に、自らが「25歳」の時に得られた「理学士号」の(ある意味)「一種の資格」に対する「責任」を果たす為にゆえ

時折に触れて「いくつかの「物理式」等」を自分で作り出したりしまして、それらを{所属学術団体}に対して「論考投稿」を行って、「上手に物事が進んでいきますと」⇒「CiNii論文」として「アカデミックな団体」によって「カウント」をして頂きまして、その「任意の任務?」のごときな「行為」を行わせて頂いておりまして「理学士号」の責任を果たさせて頂いているつもりになっているという次第なのです。



:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:〔notice〕:{もっと、単純に考えてみましょう。今、NHK・TVを観てみましたら「隕石」が、とある川に、落ちてきていた!という「ニュース」が放映されていました。この事実。

:今、私が、「高知市内」の「任意の場所(川べり)」を歩いていた時に、目前に、気がかりな
「石」があったとします。さあ、私は、どうすべきでしょうか・・???

:おそらくは、私は、カバンに入れていた「ものさし」を使って、その「石」の「長さ」を「測定」する事でしょう。なぜならば、「ものさし」という「客観的」な「ツール」を用いる事なしに、その「(手頃な)石」の「長さ[m]」を測る事は出来ないのですから。

:そして、次には、「自分の部屋」に持ちかえって「(体重計の小さなバージョンの様な)重さを計る器具」の上に、その拾ってきた「石」を乗せて「石の重さ」を測る事でしょう。

:そうしますと、この2件の(基礎的な実験によって)、その「石」の「(例えば長円形の石ならば)その長い方の「直径」や「半径」が分かります。⇒(例えば「50[cm]という様に)。

次に、その「石」を「重さを測る器具」の上に乗せて、例えば「1.7[kg]」の様にして、その「石」の「重さ」の数値を知る事が出来ました。

:この時において、私は、その「石」の「重さ」≒「質量」と見なす事が出来る時には、私は、その拾ってきた「石」の「重力」を知る事が出来ます。・・・(etc.)

:このように、目前にある物質の「物理量」の一端を知る事が出来る様になります。

:こうした、大変身近な事柄からも、目前の事物の「物理量」を知る事は有益性はあることだと予想致します。従って、「ものさし」(あるいは「座標軸」)を持っていることには有用性はあると言及できることでしょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


{(注):今日、私は、同じ「高知市内」でも(朝倉地域からは離れて)・もう少し「都市部」の方へと、引っ越していきます。

:その為に、多少、次のアパートではまだ、LANケーブルが、新たに使えるように、自分で申し込まなければならないようですので、多少の日数の間は、ここの記述も出来なくなりますが、どうぞ、ご了承ください!!!


:私は「高知市内」の、新しいより都市部のアパートにおいて、必ずやPC程度は、申請させて頂きますので、多少の日数の後からは、また、新しくネットを始めさせて頂きます!!!


:今暫くお待ちください!!!



:今後とも、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!




:(注):この度、私が、住居転居をさせていただきまして、現在、住んでいます住居の周辺とは、いわば



⇔「JR高知駅の近く」に、この6月20日頃から、居住致し始めていますという用件は事実です!!!



(注):但し、私は、一切の「自動車関係」の「運転免許証」は、一切、持っておりませんので、あしからず。


:私「ハマダトシヒロ(54歳)」の本物は、身分証明は「myーナンバー・カード」「only」ですので、一切の「運転免許証」を持っている?という人物が居たとしたら、その人物は、私の「偽者」と言及できるでしょう。

:まあ、但し、「世の中」には、自分に似た「顔」の人物が「3人いる」という、ことわざめいた言葉は、結構、昔から聞いたことはありますけれど・・・・・。



:(顔が似ている!という用件にて「罪」になるという事柄は、世の中には(法律的にも)存在していないでしょう・・・。)



:今は、放送大学・高知学習センターへとやって来ていましてそこからの書き込みです!!!


:おそらくは、私が、自分の、6月20日以降の「JR高知駅」近くの現住所において、そこから「ネット接続」が出来るようになるまでには、7月中旬頃?までの日数は必要なようです。




:それまでは、どうぞ(任意に)書き込み?をしたり、出来なかったり?の繰り返しの行為のみとなるでしょう。


:どうぞ、「7月中旬頃」までの「日数」を、お待ち下さります様に、よろしく、お願い申し上げます!!!







:今日は、放送大学・高知学習センターへと、やって来ています。






もう少しの間、お待ちください・・・!!!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[338] 2018年秋の自民党総裁選挙の結果はどの様でしょうか???

投稿者: テクノス::: 投稿日:2018年 6月24日(日)14時00分19秒 113x33x175x92.ap113.ftth.ucom.ne.jp  通報   返信・引用

◇:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:・・・「2018年の秋につきまして、特に大切な出来事は、と申しますと、それは、2018年秋の頃には、

・・・「自民党総裁選挙」が、開催されますという出来事は、日本国民の「全ての方々」が、今からでも、知っておいても、損はない、という以上にも、「大切な出来事」なのかも、しれませんね。






・・・・「私の個人的な見解は、・・・分かりません!!!「that’s all」という事です・・・!!!






・・・・・なぜならば、私は、単に「平成元年の3月」に「in・東京都内・JRお茶の水駅・南下」におきまして、「日本大学・理工学部・物理学科卒」⇔「理学士」を付与されました!!という用件だけにしか、過ぎないものだからです・・・!!!!!



・・・・ならば、「平成元年」に「ポン大」の「理工学部・(物理・卒)」程度の、単なる「理学士」までにしか、過ぎない、一介の者に対して、焦点をあてよう?となされる?のならば、むしろ、たとえば「早稲田大学・政経学部卒」の、そうした「政治学科卒」の「政治学士」?や「経済学士」?の方々という、まさに「適材適所!!」の方々が、日本中に、こぞって、いらっしゃる!!では、ないですか!!これは「事実」です!!




・・・(一介の・古びた)「理学士」に、対して、その「政治的な用件の判断の責任」を「詰め寄る!」という行為よりも、この時に際して、「適材適所」という、いにしえよりの「諺」に「責任追及の論拠」を「追い詰めるという行為」を、行ってこその「温故知新・的なる、エビデンス」に論拠を寄せた「正当なる知見」が現れている、いわば「もちは餅屋!!!」という、ア・プリオリな、事象を、問いただす!!!という用件にも似ています行為でしょうし、ならば「理学士」に論拠を、追い詰める行為よりも、もしろ、「早稲田大学・政治・経済学科卒」や「慶応大学・政治学科卒」及び「経済学科卒」という、レッキとした、その「責任追及の論拠を付与されていらっしゃる「政治学士」号の方々や、あるいはまた「経済学士」(以上の)方々に対して、その「学位記」の「エビデンス・(論拠)」を、持った、正しい、知見を持ってして、そうした(およそ)「文系」の「学位記」以上(文系の「博士号」などを、持たれていらっしゃる方々に対して、その「学位記」を持たれていらっしゃる、という「事象」そのものこそが、そうした、世間(特に「日本の政治的出来事」に対しまして、十分に「世間に対して「発言」を(新聞投稿などによって)「意見発表」をなされるべき「学位記」⇔「政治学士」や「経済学士」などの方々が、どうして、その「学位記」を付与されて、また「本人も「同意」の上に、その「政治学士号」などの(まさに政治的用件に、適任の)「文系学科卒」の「学士号」や、あるいは「文系の「博士号」を持たれていらっしゃる、方々の、(強い意味に寄せての記述行為をなさせて頂きますと、)その世間に起きたる様々な政治的用件、に対しての「発言権」を求められた際に対して、それに答えられるべき「論拠」を持っていらっしゃる「エビデンス」の「証左」こそが、そうした「政治学科卒の「政治学士号」をもたれてます、方々や、あるいは「政治学博士号」や「経済学博士号」を受け取られていらっしゃる方々の、その「存在の根拠である!!??」とまでには、記述をします行為は、行き過ぎていますでしょうか・・・!!???」




:これが、私(Toshihiro-Hamada)(54歳)「理学士」の持っています「意見・考え」で、ごいざいます。



:何事にも、やはり、それに、適した「適材適所」たり得る「学士号」や「博士号」を、持たれていらっしゃる方々が居ます事でしょう!!」



:そういう意味におけるところの「優先順位」的なる「責任の追及の優先順位?」とでも呼ぶことが出来ます「学士号」や「博士号」があるのでは、ないでしょうか???



:今の私には、こうした意味におけます「適材適所」なる「行為」をこそ、政治家の方々が、追求なされるべき時では、ないでしょうか?という疑義は、持ちえますのですが、いかがでしょうか・・???」




:以上で、終わりとさせていただきます。












[337] 「秋には、自民党総裁選挙があります」:::::

投稿者: toshi-hama 投稿日:2018年 6月23日(土)15時09分54秒 p14044-ipuno01-int.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:・・・「2018年の秋につきまして、特に大切な出来事は、と申しますと、それは、2018年秋の頃には、

・・・「自民党総裁選挙」が、開催されますという出来事は、日本国民の「全ての方々」が、今からでも、知っておいても、損はない、という以上にも、「大切な出来事」なのかも、しれませんね。






・・・・「私の個人的な見解は、・・・分かりません!!!「that’s all」という事です・・・!!!






・・・・・なぜならば、私は、単に「平成元年の3月」に「in・東京都内・JRお茶の水駅・南下」におきまして、「日本大学・理工学部・物理学科卒」⇔「理学士」を付与されました!!という用件だけにしか、過ぎないものだからです・・・!!!!!



・・・・ならば、「平成元年」に「ポン大」の「理工学部・(物理・卒)」程度の、単なる「理学士」までにしか、過ぎない、一介の者に対して、焦点をあてよう?となされる?のならば、むしろ、たとえば「早稲田大学・政経学部卒」の、そうした「政治学科卒」の「政治学士」?や「経済学士」?の方々という、まさに「適材適所!!」の方々が、日本中に、こぞって、いらっしゃる!!では、ないですか!!これは「事実」です!!




・・・(一介の・古びた)「理学士」に、対して、その「政治的な用件の判断の責任」を「詰め寄る!」という行為よりも、この時に際して、「適材適所」という、いにしえよりの「諺」に「責任追及の論拠」を「追い詰めるという行為」を、行ってこその「温故知新・的なる、エビデンス」に論拠を寄せた「正当なる知見」が現れている、いわば「もちは餅屋!!!」という、ア・プリオリな、事象を、問いただす!!!という用件にも似ています行為でしょうし、ならば「理学士」に論拠を、追い詰める行為よりも、もしろ、「早稲田大学・政治・経済学科卒」や「慶応大学・政治学科卒」及び「経済学科卒」という、レッキとした、その「責任追及の論拠を付与されていらっしゃる「政治学士」号の方々や、あるいはまた「経済学士」(以上の)方々に対して、その「学位記」の「エビデンス・(論拠)」を、持った、正しい、知見を持ってして、そうした(およそ)「文系」の「学位記」以上(文系の「博士号」などを、持たれていらっしゃる方々に対して、その「学位記」を持たれていらっしゃる、という「事象」そのものこそが、そうした、世間(特に「日本の政治的出来事」に対しまして、十分に「世間に対して「発言」を(新聞投稿などによって)「意見発表」をなされるべき「学位記」⇔「政治学士」や「経済学士」などの方々が、どうして、その「学位記」を付与されて、また「本人も「同意」の上に、その「政治学士号」などの(まさに政治的用件に、適任の)「文系学科卒」の「学士号」や、あるいは「文系の「博士号」を持たれていらっしゃる、方々の、(強い意味に寄せての記述行為をなさせて頂きますと、)その世間に起きたる様々な政治的用件、に対しての「発言権」を求められた際に対して、それに答えられるべき「論拠」を持っていらっしゃる「エビデンス」の「証左」こそが、そうした「政治学科卒の「政治学士号」をもたれてます、方々や、あるいは「政治学博士号」や「経済学博士号」を受け取られていらっしゃる方々の、その「存在の根拠である!!??」とまでには、記述をします行為は、行き過ぎていますでしょうか・・・!!???」




:これが、私(Toshihiro-Hamada)(54歳)「理学士」の持っています「意見・考え」で、ごいざいます。



:何事にも、やはり、それに、適した「適材適所」たり得る「学士号」や「博士号」を、持たれていらっしゃる方々が居ます事でしょう!!」



:そういう意味におけるところの「優先順位」的なる「責任の追及の優先順位?」とでも呼ぶことが出来ます「学士号」や「博士号」があるのでは、ないでしょうか???



:今の私には、こうした意味におけます「適材適所」なる「行為」をこそ、政治家の方々が、追求なされるべき時では、ないでしょうか?という疑義は、持ちえますのですが、いかがでしょうか・・???」




:以上で、終わりとさせていただきます。










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[336] 住居転居の用件について:::::

投稿者: toshi-hama 投稿日:2018年 6月23日(土)12時42分42秒 p14044-ipuno01-int.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>何とな~く同じようにしか見えないものが隠し持っているわずかな差異に鋭く注目し、
そのわずかな差異を表層にあらわしているところの、向こう側に厳然とある内実の相違にしっかりと気づくことこそ、
この世界についての知識をより新しくしてくれる真に豊かな契機に他なりませんね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:この上記の貴殿によります「記述語」を、私は関心して拝見させて頂きましたが。私には、この「言葉」を2パターンの分類によって「物理的」に?捉える発想・記憶を、思い浮かべましたが、ここでは「精神物理学」の場合を記述致します・・!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ⅰ:「フェヒナーの精神物理学」という事象による捉え方について:::
・今、目前に「電車A10」[m],と「電車B11」[m],と「電車C12」[m],の長さの「電車」があると仮定致します。
・そして、今、「観測者X」さんが、これらの電車A、B、Cを見た時の印象・知覚現象として、確かに「観測者X」さんには、
 AとBは同じに見えて(A=B)、BとCとの違いが分からず(B=C)しかし、電車Aと電車Cとは、どうやら、長さが違うらしい!と気付いたとします。(A<C)。
・つまり、この時の「観測者X」さんの「分解能」は「1m」の違いは認識出来ない程度の「鈍い感度」ではありますが、しかし、「2m」の長さの違いには、どうにか、その違いが認知・理解され得るという程度の認識・解析能力の「感度」は持っている。(10m<12m)という違いは認識出来るという感度。
・この事象を物理的な視座から見ますと、
 「12ー11」=「11-10」=「1」=「0」 ---①
となる近似値的な視座ですが、しかし、他方では、
 「12-10」=「2」≠「0」 ----②
・このときにおいて、観測者x氏の認知度は「1=0」ですが「2≠0」。
・このいわば「近似的なメガネ」を用いて事物を見ますと「21=20」と見なすことになりますがしかし「22≠20」という事は理解出来るという感度(鈍さ)
・ここで、①式と②式との(観測者X氏)の「認識度」は、物理学の分野においては、厳密に「連続の関係」あるいは「連続の法則」に、その「論拠」を寄せて考えるから、②式は正しいが、①式は明らかに、間違っていると言及されます。つまり、この「観測者X氏」は「物理学者」以上の「厳密度」では「許される」ことは、与えられません。(つまりX氏は「物理学者」と「数学者」では自明の理として認められません。).(あるいはX氏は「理学士」号を得る権利さえもない)と言及するには十分なエビデンスはあり得るでしょう!
・しかし、この程度の「認識度の束縛の弱さ」の度合いを敢えて表現をするならば、「観測者X氏」は、{絶対値「1」程の違いは無いが、絶対値「2」程の違いはある!という認知度をX氏は持っているのだから、ある意味においては、この程度の「誤差」は、その「丸めの範囲」の「幅」を考慮するならば、
「観測者X氏」は、その「認識・見地」の「度合い」から言及するならば、おそらくは「X氏」は「文化人類学者」程度の「学者」である!という程度の「博士号」を持つ「権利」はあり得る?という事は出来るかもしれません。
・しかしながら、「観測者X氏」は、その鈍い認知度の故に「科学者」とは成り得る権利はない!という事は明らかに言及出来る事でしょう。
・少なくとも「X氏の認知度」は「物理学者」と「数学者」ではあり得ないのであり、尚且つ、「理学士号」さえもX氏の「分解能」では得られません!
・この様な、ケースにおける「文系学部卒」と「理工系学部卒」程度の違いについての表現もまたあり得る事象だとは言及出来るでしょう!!


◇:◇:一般に、(自分が知らない事をもって、相手を否定する根拠とすることは出来ない。その否定の根拠を知っていないのだから。)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:一般に「全ての国語の言葉」は全て「行列の概念」を用いる事によって「全て」「数式」の言葉に書き変える事が「100%」出来得ます!」但しここで、「数式」とは「数字」と「アルファベット」と「四則演算」が、必要十分条件的に必要な要件でして、後は、多少の「Σ」や「∫」や「∂F(x,y)/∂x」の様にです。



◇:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自己欺瞞」:私が、時折ですが、どうして、一種の「反論」の記述を記するのか!という理由を記させて頂きましょう。
・それは、(何時もとは言いませんが)一般に任意の書き込みの中には、時折、論理的に「アノマリー」がある「自己欺瞞」という要素が見られるからです。
・今、私は「国語辞典」を持っていませんので、多少の聞きかじり程度の「知識」で書かせて頂きますが、ご了承ください!!
・「自己欺瞞」⇒{例えとして}
・今、仮に自ら自身が犯した(MR.X氏)の犯罪を、全くの無関係な第三者である善良で無実な「Aさん」に対して、X氏の犯した犯罪の「科料」を、無実の善良なるAさんの「罪・犯罪」として、「言い訳の束の論理」によって、置き換えてしまい、よって、(元来・無実の)Aさんが「裁判」を経て、(謎の人物X氏の論理展開により)例えば、懲役(実刑)「3年」という罪・犯罪の償いを背負わされる「判決」が出される場合は、あり得て、その「X氏の論理展開」の故に、元来無実の善人でしたAさんが「3年間の刑務所の中」へと入らされて、他方では、元来、犯罪者の張本人である「謎の人物X氏」は、無罪となり、自由の身分・社会的立場を得るという行為ですね。
[結果のまとめ]:
①:元来、無実のAさんが、懲役3年(実刑)の刑務所暮らしとなる。
②:元来、犯罪者の張本人であった「謎の人物X氏」は、Aさんに自らの「犯罪科料」を背負わせてしまったが故に、「X氏」は「無罪放免」となって「X氏」
は自由の身分となって、社会活動を十分に享受出来る無実の身分・立場を得る事が出来た!⇔(とまあ、このような「自己欺瞞」の1例としての説明です)
・以上、「自己欺瞞」の国語辞典的なる説明をさせて頂きました。
・以上です!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇:◇:「唯物論」は「so strong, I feel so that, but that the エビデンス, it may be true 「◇」not 「☆」.

◇:もし今「2000」という数値があるとしてある人は「100×5×4=2000」という方法論を選んだとしても私は自らの性質上から(例)「4×5×100」という様にその「重き」を人生の「後半の方」に置くでしょう。理由は今現在私は何らかの「病状の状態」の最中にあるからです。私は、自らのピークの時は「2020年」より後に考えています。それは「Big Ben」が「イングランド」において「リペアー」が遂行され得た、その年の頃辺りを示唆しているように「now I feeling, so that.」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◇◇:{よく注意深く「数式」を眺めていますと、通常は、その数式に対応する「図形」が思い浮かべられてくるもののようです。}

◇◇:一般に、「数式計算」は重要ですが、「物理学」におきましては、「物理式」を見ますと、同時に「その数式が意味している「図形」も、イメージされて、その「図形」が(イラスト程度にも)描ける様になって、始めて、その人は、その「物理式」を「理解」した!事になるのでしょう!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇:一般に「聴神経」の働きの中でも重要な部位は「蝸牛神経核」という部位でして、その通読的な表現は、いわゆる(首の辺りの)「延髄」の部位に近い箇所にあります。

◇◇:従って、「蝸牛神経核」が、何らかの「アノマリー」を持ちますと(あるいは影響を受けた場合では)、その対象人物は、まず「声の発生」⇔「言葉の発言・発生」の時に「困難さ」を実感する様になるそうです。⇒{耳鼻咽喉科・領域の「医学・生理学書」を参照下さい}



◇◇:このように、科学系の「学問」=「数学・物理学・医学など」の知識を理解していますと、何らかの「病変」の前に「自己認識」が出来るようになります。
⇒そうして、「取り返し」がつかなくなるよりも前に、何らかの「医学系科学」を元にした上での「判断」(どうすべきか?)という事が、一定以上は予測可能となる様です。

◇:その意味におきましては、「予防医学」とでも言いましょうか?そういう準備を持っておく事には「ベネフィット」が自身にもあり得る事でしょう!!!!


◇「私の目標・夢は「物理学者」になりたい!という事のみなのです」!!「this is true」!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


〔提言〕:私は一般に(人間の)「生命体の本質」とは「思考するエネルギー体」として捉え、

   ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε  ----- (◇)

という①式のように記してきた訳ですが、俗語的には(think粒子)に関して「思考する媒介パラメタ」というよりも「思い」という様に、例えば「NHK」などの放送においても、やはり
「思い」という単純な言葉が多く拝聴されますが故に、今回私はここに「思い」=[think粒子]
に関しまして、一種の区分分け(但し大ざっぱな)を記しておきたいと考えます。

◇:一般に「思い」という「単語」に関しても(大ざっぱですが)「3分類系分け」程度の記述を示しておきます。


◇:さて、今「思い」について

     (ウソの)「思い」、 (本当の)「思い」、 (ジョークの)「思い」

という3分類に分けて考えますと、

  「ウソ」⇔「lie」、 「本当」⇔「real」、  「ジョーク」⇔「joke」、

 という様にして記述する事に決めますと、


 「ウソの思い」=光子(think[lie])

 「本当の思い」=光子(think[real])

 「ジョークの思い」=光子(think[joke])

の様にして区分して考えられ得ますから、従って、

 「ウソの思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[lie])dε=∫εhν(think[lie])dε  ――――― ①

 「本当の思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[real])dε=∫εhν(think[real])dε ――――― ②


 「ジョークの思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[joke])dε=∫εhν(think[joke])dε ――――― ③


◇:(簡略的ですが)「思考するエネルギー体」に関しても「3分類系」に区分して記述する方法が認知されるならば、もし、万一、「あなたの「思い」を観測したよ!と主張されたとしても、その光子(think)が、「ウソの思い」なのか、「本当の思い」なのか、「ジョークの思い」なのかはまだ、断定はできることはない!だろうと、私は推測致します。


◇:すなわち、①式に該当する事象なのか、②式に該当する事象なのか、あるいは③式に該当するものなのか?という、区分分けを行うという(大ざっぱですが)「3大分類分け」でさえも出来てはいないのでしょう・・・!!!!!



◇:という考慮点を「notice」ことを要請させて頂きます・・・!!!!!





◇:どうぞ、よろしく、ご考慮下さります様、お願い申し上げます!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇:::


⇒「自分なりの〝座標軸″を持つという事象」の有用性について考察してみようとする行為:


:{例えば「医学博士」や「お医者さん」は(特に)「ドクター号」=「医師免許」という意味について、その「医師免許」を、持っているが故に、その「根拠(資格)」の元に「任意の病院」などにおいて、その自らの「受け持ち範囲」の「患者さん」を「診察」する「国家免許」が「国より付与」された訳ですね。
:それで、その「医師免許」という「根拠」を、一種の「座標軸」として、その「医師」は持っていると言及出来る訳であり、その権限の及ぶ範囲内において、例えば「耳鼻咽喉科」等といった任意の(特化された)「領域・分野」に関しての(ある意味)「専門化」となられていらっしゃている訳であり、それが故にこそ、その「医師」は「耳鼻咽喉」の「病気」を持った「患者」さんたちに対して「診察行為」を行う「国家資格」の「権限」があるのでして、なので、その「医師」は、その分野の「患者さん」に対して、「診察行為」(医学分野における行為)を行ってよいという「国家資格」が与えられていて、その「資格根拠」の(エビデンス)故にこそ、「病名」を「患者さん」に対して「付与する権利」を「国家免許」の責任の元に{(患者さん)に対して「病名」を付与して、それに対する「お薬」の「処方箋」を記述する権利を「国」により与えられているのでしょう!!!



:それだからこそ、その「医師免許」を持った「(本物の)医師」は「患者に対して処方箋」を「記述する権利」を「医師免許」という「法律的」にも認知された権限により「処方箋」⇒「薬剤薬局」⇒「お薬が患者に対して与えられる」という順序だった行為によって、その「患者さん」は、自らの「病気」を「治癒」する為の「お薬」を得られて、そうして、その病は徐々に治癒されていくのでしょう。そのような(一連の)「システム」が「医学的行為」として成り立っている訳なのでしょう。:⇒{これが「無免許」の人物が自分勝手に、誰かに対して「病気治癒行為」にも似た行為を行った場合においては、それは「国の審査」によって、ある場合には「法律的」に「違法行為」を行った「犯罪者」として「(医学的な)法律」によって「裁かれて」しまい、その結果として、「彼」or「彼女」は、「法律の座標軸」によって「測定・審査」を成されて、ある場合には「犯罪者」として「法的な科料」にかけられる!!!という「罪の償い」の行為を「法律」を根拠として、求められる「犯罪者」となってしまう場合に陥ってしまう可能性もあり得るのでしょう!!!





:あるいはまた「電気工事士」の「国家資格」を持っている「技術者」は、その「技術資格」を持っているが故に、そうした「電気工事関連」の「仕事」に就く事が出来て「給料」を得られる様な「ベネフィット」を得られる場合もあり得ることでしょう。






:⇒{私は上記2例に挙げたような社会現象を、多少なりも知っています為に、自らが「25歳」の時に得られた「理学士号」の(ある意味)「一種の資格」に対する「責任」を果たす為にゆえ

時折に触れて「いくつかの「物理式」等」を自分で作り出したりしまして、それらを{所属学術団体}に対して「論考投稿」を行って、「上手に物事が進んでいきますと」⇒「CiNii論文」として「アカデミックな団体」によって「カウント」をして頂きまして、その「任意の任務?」のごときな「行為」を行わせて頂いておりまして「理学士号」の責任を果たさせて頂いているつもりになっているという次第なのです。



:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:〔notice〕:{もっと、単純に考えてみましょう。今、NHK・TVを観てみましたら「隕石」が、とある川に、落ちてきていた!という「ニュース」が放映されていました。この事実。

:今、私が、「高知市内」の「任意の場所(川べり)」を歩いていた時に、目前に、気がかりな
「石」があったとします。さあ、私は、どうすべきでしょうか・・???

:おそらくは、私は、カバンに入れていた「ものさし」を使って、その「石」の「長さ」を「測定」する事でしょう。なぜならば、「ものさし」という「客観的」な「ツール」を用いる事なしに、その「(手頃な)石」の「長さ[m]」を測る事は出来ないのですから。

:そして、次には、「自分の部屋」に持ちかえって「(体重計の小さなバージョンの様な)重さを計る器具」の上に、その拾ってきた「石」を乗せて「石の重さ」を測る事でしょう。

:そうしますと、この2件の(基礎的な実験によって)、その「石」の「(例えば長円形の石ならば)その長い方の「直径」や「半径」が分かります。⇒(例えば「50[cm]という様に)。

次に、その「石」を「重さを測る器具」の上に乗せて、例えば「1.7[kg]」の様にして、その「石」の「重さ」の数値を知る事が出来ました。

:この時において、私は、その「石」の「重さ」≒「質量」と見なす事が出来る時には、私は、その拾ってきた「石」の「重力」を知る事が出来ます。・・・(etc.)

:このように、目前にある物質の「物理量」の一端を知る事が出来る様になります。

:こうした、大変身近な事柄からも、目前の事物の「物理量」を知る事は有益性はあることだと予想致します。従って、「ものさし」(あるいは「座標軸」)を持っていることには有用性はあると言及できることでしょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


{(注):今日、私は、同じ「高知市内」でも(朝倉地域からは離れて)・もう少し「都市部」の方へと、引っ越していきます。

:その為に、多少、次のアパートではまだ、LANケーブルが、新たに使えるように、自分で申し込まなければならないようですので、多少の日数の間は、ここの記述も出来なくなりますが、どうぞ、ご了承ください!!!


:私は「高知市内」の、新しいより都市部のアパートにおいて、必ずやPC程度は、申請させて頂きますので、多少の日数の後からは、また、新しくネットを始めさせて頂きます!!!


:今暫くお待ちください!!!



:今後とも、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!




:(注):この度、私が、住居転居をさせていただきまして、現在、住んでいます住居の周辺とは、いわば



⇔「JR高知駅の近く」に、この6月20日頃から、居住致し始めていますという用件は事実です!!!



(注):但し、私は、一切の「自動車関係」の「運転免許証」は、一切、持っておりませんので、あしからず。


:私「ハマダトシヒロ(54歳)」の本物は、身分証明は「myーナンバー・カード」「only」ですので、一切の「運転免許証」を持っている?という人物が居たとしたら、その人物は、私の「偽者」と言及できるでしょう。

:まあ、但し、「世の中」には、自分に似た「顔」の人物が「3人いる」という、ことわざめいた言葉は、結構、昔から聞いたことはありますけれど・・・・・。



:(顔が似ている!という用件にて「罪」になるという事柄は、世の中には(法律的にも)存在していないでしょう・・・。)



:今は、放送大学・高知学習センターへとやって来ていましてそこからの書き込みです!!!


:おそらくは、私が、自分の、6月20日以降の「JR高知駅」近くの現住所において、そこから「ネット接続」が出来るようになるまでには、7月中旬頃?までの日数は必要なようです。




:それまでは、どうぞ(任意に)書き込み?をしたり、出来なかったり?の繰り返しの行為のみとなるでしょう。


:どうぞ、「7月中旬頃」までの「日数」を、お待ち下さります様に、よろしく、お願い申し上げます!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[334] 「社会常識」の「都市部」と「地方」の違いなど:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 6月19日(火)02時17分11秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>何とな~く同じようにしか見えないものが隠し持っているわずかな差異に鋭く注目し、
そのわずかな差異を表層にあらわしているところの、向こう側に厳然とある内実の相違にしっかりと気づくことこそ、
この世界についての知識をより新しくしてくれる真に豊かな契機に他なりませんね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇:この上記の貴殿によります「記述語」を、私は関心して拝見させて頂きましたが。私には、この「言葉」を2パターンの分類によって「物理的」に?捉える発想・記憶を、思い浮かべましたが、ここでは「精神物理学」の場合を記述致します・・!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ⅰ:「フェヒナーの精神物理学」という事象による捉え方について:::
・今、目前に「電車A10」[m],と「電車B11」[m],と「電車C12」[m],の長さの「電車」があると仮定致します。
・そして、今、「観測者X」さんが、これらの電車A、B、Cを見た時の印象・知覚現象として、確かに「観測者X」さんには、
 AとBは同じに見えて(A=B)、BとCとの違いが分からず(B=C)しかし、電車Aと電車Cとは、どうやら、長さが違うらしい!と気付いたとします。(A<C)。
・つまり、この時の「観測者X」さんの「分解能」は「1m」の違いは認識出来ない程度の「鈍い感度」ではありますが、しかし、「2m」の長さの違いには、どうにか、その違いが認知・理解され得るという程度の認識・解析能力の「感度」は持っている。(10m<12m)という違いは認識出来るという感度。
・この事象を物理的な視座から見ますと、
 「12ー11」=「11-10」=「1」=「0」 ---①
となる近似値的な視座ですが、しかし、他方では、
 「12-10」=「2」≠「0」 ----②
・このときにおいて、観測者x氏の認知度は「1=0」ですが「2≠0」。
・このいわば「近似的なメガネ」を用いて事物を見ますと「21=20」と見なすことになりますがしかし「22≠20」という事は理解出来るという感度(鈍さ)
・ここで、①式と②式との(観測者X氏)の「認識度」は、物理学の分野においては、厳密に「連続の関係」あるいは「連続の法則」に、その「論拠」を寄せて考えるから、②式は正しいが、①式は明らかに、間違っていると言及されます。つまり、この「観測者X氏」は「物理学者」以上の「厳密度」では「許される」ことは、与えられません。(つまりX氏は「物理学者」と「数学者」では自明の理として認められません。).(あるいはX氏は「理学士」号を得る権利さえもない)と言及するには十分なエビデンスはあり得るでしょう!
・しかし、この程度の「認識度の束縛の弱さ」の度合いを敢えて表現をするならば、「観測者X氏」は、{絶対値「1」程の違いは無いが、絶対値「2」程の違いはある!という認知度をX氏は持っているのだから、ある意味においては、この程度の「誤差」は、その「丸めの範囲」の「幅」を考慮するならば、
「観測者X氏」は、その「認識・見地」の「度合い」から言及するならば、おそらくは「X氏」は「文化人類学者」程度の「学者」である!という程度の「博士号」を持つ「権利」はあり得る?という事は出来るかもしれません。
・しかしながら、「観測者X氏」は、その鈍い認知度の故に「科学者」とは成り得る権利はない!という事は明らかに言及出来る事でしょう。
・少なくとも「X氏の認知度」は「物理学者」と「数学者」ではあり得ないのであり、尚且つ、「理学士号」さえもX氏の「分解能」では得られません!
・この様な、ケースにおける「文系学部卒」と「理工系学部卒」程度の違いについての表現もまたあり得る事象だとは言及出来るでしょう!!


◇:◇:一般に、(自分が知らない事をもって、相手を否定する根拠とすることは出来ない。その否定の根拠を知っていないのだから。)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:一般に「全ての国語の言葉」は全て「行列の概念」を用いる事によって「全て」「数式」の言葉に書き変える事が「100%」出来得ます!」但しここで、「数式」とは「数字」と「アルファベット」と「四則演算」が、必要十分条件的に必要な要件でして、後は、多少の「Σ」や「∫」や「∂F(x,y)/∂x」の様にです。



◇:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自己欺瞞」:私が、時折ですが、どうして、一種の「反論」の記述を記するのか!という理由を記させて頂きましょう。
・それは、(何時もとは言いませんが)一般に任意の書き込みの中には、時折、論理的に「アノマリー」がある「自己欺瞞」という要素が見られるからです。
・今、私は「国語辞典」を持っていませんので、多少の聞きかじり程度の「知識」で書かせて頂きますが、ご了承ください!!
・「自己欺瞞」⇒{例えとして}
・今、仮に自ら自身が犯した(MR.X氏)の犯罪を、全くの無関係な第三者である善良で無実な「Aさん」に対して、X氏の犯した犯罪の「科料」を、無実の善良なるAさんの「罪・犯罪」として、「言い訳の束の論理」によって、置き換えてしまい、よって、(元来・無実の)Aさんが「裁判」を経て、(謎の人物X氏の論理展開により)例えば、懲役(実刑)「3年」という罪・犯罪の償いを背負わされる「判決」が出される場合は、あり得て、その「X氏の論理展開」の故に、元来無実の善人でしたAさんが「3年間の刑務所の中」へと入らされて、他方では、元来、犯罪者の張本人である「謎の人物X氏」は、無罪となり、自由の身分・社会的立場を得るという行為ですね。
[結果のまとめ]:
①:元来、無実のAさんが、懲役3年(実刑)の刑務所暮らしとなる。
②:元来、犯罪者の張本人であった「謎の人物X氏」は、Aさんに自らの「犯罪科料」を背負わせてしまったが故に、「X氏」は「無罪放免」となって「X氏」
は自由の身分となって、社会活動を十分に享受出来る無実の身分・立場を得る事が出来た!⇔(とまあ、このような「自己欺瞞」の1例としての説明です)
・以上、「自己欺瞞」の国語辞典的なる説明をさせて頂きました。
・以上です!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇:◇:「唯物論」は「so strong, I feel so that, but that the エビデンス, it may be true 「◇」not 「☆」.

◇:もし今「2000」という数値があるとしてある人は「100×5×4=2000」という方法論を選んだとしても私は自らの性質上から(例)「4×5×100」という様にその「重き」を人生の「後半の方」に置くでしょう。理由は今現在私は何らかの「病状の状態」の最中にあるからです。私は、自らのピークの時は「2020年」より後に考えています。それは「Big Ben」が「イングランド」において「リペアー」が遂行され得た、その年の頃辺りを示唆しているように「now I feeling, so that.」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇:物事の「犯罪」があるのか、無いのかの「判定」は「法律」を基準軸として、認知されます!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇◇◇:[new-version]です!!◇◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



https://www.youtube.com/watch?v=j-pxq3XjcQw



◇◇:「Thank you all of you.」「I wish to live in some healthy life.」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◇◇:{よく注意深く「数式」を眺めていますと、通常は、その数式に対応する「図形」が思い浮かべられてくるもののようです。}

◇◇:一般に、「数式計算」は重要ですが、「物理学」におきましては、「物理式」を見ますと、同時に「その数式が意味している「図形」も、イメージされて、その「図形」が(イラスト程度にも)描ける様になって、始めて、その人は、その「物理式」を「理解」した!事になるのでしょう!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇:一般に「聴神経」の働きの中でも重要な部位は「蝸牛神経核」という部位でして、その通読的な表現は、いわゆる(首の辺りの)「延髄」の部位に近い箇所にあります。

◇◇:従って、「蝸牛神経核」が、何らかの「アノマリー」を持ちますと(あるいは影響を受けた場合では)、その対象人物は、まず「声の発生」⇔「言葉の発言・発生」の時に「困難さ」を実感する様になるそうです。⇒{耳鼻咽喉科・領域の「医学・生理学書」を参照下さい}



◇◇:このように、科学系の「学問」=「数学・物理学・医学など」の知識を理解していますと、何らかの「病変」の前に「自己認識」が出来るようになります。
⇒そうして、「取り返し」がつかなくなるよりも前に、何らかの「医学系科学」を元にした上での「判断」(どうすべきか?)という事が、一定以上は予測可能となる様です。

◇:その意味におきましては、「予防医学」とでも言いましょうか?そういう準備を持っておく事には「ベネフィット」が自身にもあり得る事でしょう!!!!


◇「私の目標・夢は「物理学者」になりたい!という事のみなのです」!!「this is true」!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


〔提言〕:私は一般に(人間の)「生命体の本質」とは「思考するエネルギー体」として捉え、

   ∫ε光子(think)dε=∫εhν(think)dε  ----- (◇)

という①式のように記してきた訳ですが、俗語的には(think粒子)に関して「思考する媒介パラメタ」というよりも「思い」という様に、例えば「NHK」などの放送においても、やはり
「思い」という単純な言葉が多く拝聴されますが故に、今回私はここに「思い」=[think粒子]
に関しまして、一種の区分分け(但し大ざっぱな)を記しておきたいと考えます。

◇:一般に「思い」という「単語」に関しても(大ざっぱですが)「3分類系分け」程度の記述を示しておきます。


◇:さて、今「思い」について

     (ウソの)「思い」、 (本当の)「思い」、 (ジョークの)「思い」

という3分類に分けて考えますと、

  「ウソ」⇔「lie」、 「本当」⇔「real」、  「ジョーク」⇔「joke」、

 という様にして記述する事に決めますと、


 「ウソの思い」=光子(think[lie])

 「本当の思い」=光子(think[real])

 「ジョークの思い」=光子(think[joke])

の様にして区分して考えられ得ますから、従って、

 「ウソの思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[lie])dε=∫εhν(think[lie])dε  ――――― ①

 「本当の思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[real])dε=∫εhν(think[real])dε ――――― ②


 「ジョークの思考するエネルギー体」

= ∫ε光子(think[joke])dε=∫εhν(think[joke])dε ――――― ③


◇:(簡略的ですが)「思考するエネルギー体」に関しても「3分類系」に区分して記述する方法が認知されるならば、もし、万一、「あなたの「思い」を観測したよ!と主張されたとしても、その光子(think)が、「ウソの思い」なのか、「本当の思い」なのか、「ジョークの思い」なのかはまだ、断定はできることはない!だろうと、私は推測致します。


◇:すなわち、①式に該当する事象なのか、②式に該当する事象なのか、あるいは③式に該当するものなのか?という、区分分けを行うという(大ざっぱですが)「3大分類分け」でさえも出来てはいないのでしょう・・・!!!!!



◇:という考慮点を「notice」ことを要請させて頂きます・・・!!!!!





◇:どうぞ、よろしく、ご考慮下さります様、お願い申し上げます!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇◇◇:::


⇒「自分なりの〝座標軸″を持つという事象」の有用性について考察してみようとする行為:


:{例えば「医学博士」や「お医者さん」は(特に)「ドクター号」=「医師免許」という意味について、その「医師免許」を、持っているが故に、その「根拠(資格)」の元に「任意の病院」などにおいて、その自らの「受け持ち範囲」の「患者さん」を「診察」する「国家免許」が「国より付与」された訳ですね。
:それで、その「医師免許」という「根拠」を、一種の「座標軸」として、その「医師」は持っていると言及出来る訳であり、その権限の及ぶ範囲内において、例えば「耳鼻咽喉科」等といった任意の(特化された)「領域・分野」に関しての(ある意味)「専門化」となられていらっしゃている訳であり、それが故にこそ、その「医師」は「耳鼻咽喉」の「病気」を持った「患者」さんたちに対して「診察行為」を行う「国家資格」の「権限」があるのでして、なので、その「医師」は、その分野の「患者さん」に対して、「診察行為」(医学分野における行為)を行ってよいという「国家資格」が与えられていて、その「資格根拠」の(エビデンス)故にこそ、「病名」を「患者さん」に対して「付与する権利」を「国家免許」の責任の元に{(患者さん)に対して「病名」を付与して、それに対する「お薬」の「処方箋」を記述する権利を「国」により与えられているのでしょう!!!



:それだからこそ、その「医師免許」を持った「(本物の)医師」は「患者に対して処方箋」を「記述する権利」を「医師免許」という「法律的」にも認知された権限により「処方箋」⇒「薬剤薬局」⇒「お薬が患者に対して与えられる」という順序だった行為によって、その「患者さん」は、自らの「病気」を「治癒」する為の「お薬」を得られて、そうして、その病は徐々に治癒されていくのでしょう。そのような(一連の)「システム」が「医学的行為」として成り立っている訳なのでしょう。:⇒{これが「無免許」の人物が自分勝手に、誰かに対して「病気治癒行為」にも似た行為を行った場合においては、それは「国の審査」によって、ある場合には「法律的」に「違法行為」を行った「犯罪者」として「(医学的な)法律」によって「裁かれて」しまい、その結果として、「彼」or「彼女」は、「法律の座標軸」によって「測定・審査」を成されて、ある場合には「犯罪者」として「法的な科料」にかけられる!!!という「罪の償い」の行為を「法律」を根拠として、求められる「犯罪者」となってしまう場合に陥ってしまう可能性もあり得るのでしょう!!!





:あるいはまた「電気工事士」の「国家資格」を持っている「技術者」は、その「技術資格」を持っているが故に、そうした「電気工事関連」の「仕事」に就く事が出来て「給料」を得られる様な「ベネフィット」を得られる場合もあり得ることでしょう。






:⇒{私は上記2例に挙げたような社会現象を、多少なりも知っています為に、自らが「25歳」の時に得られた「理学士号」の(ある意味)「一種の資格」に対する「責任」を果たす為にゆえ

時折に触れて「いくつかの「物理式」等」を自分で作り出したりしまして、それらを{所属学術団体}に対して「論考投稿」を行って、「上手に物事が進んでいきますと」⇒「CiNii論文」として「アカデミックな団体」によって「カウント」をして頂きまして、その「任意の任務?」のごときな「行為」を行わせて頂いておりまして「理学士号」の責任を果たさせて頂いているつもりになっているという次第なのです。



:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

:〔notice〕:{もっと、単純に考えてみましょう。今、NHK・TVを観てみましたら「隕石」が、とある川に、落ちてきていた!という「ニュース」が放映されていました。この事実。

:今、私が、「高知市内」の「任意の場所(川べり)」を歩いていた時に、目前に、気がかりな
「石」があったとします。さあ、私は、どうすべきでしょうか・・???

:おそらくは、私は、カバンに入れていた「ものさし」を使って、その「石」の「長さ」を「測定」する事でしょう。なぜならば、「ものさし」という「客観的」な「ツール」を用いる事なしに、その「(手頃な)石」の「長さ[m]」を測る事は出来ないのですから。

:そして、次には、「自分の部屋」に持ちかえって「(体重計の小さなバージョンの様な)重さを計る器具」の上に、その拾ってきた「石」を乗せて「石の重さ」を測る事でしょう。

:そうしますと、この2件の(基礎的な実験によって)、その「石」の「(例えば長円形の石ならば)その長い方の「直径」や「半径」が分かります。⇒(例えば「50[cm]という様に)。

次に、その「石」を「重さを測る器具」の上に乗せて、例えば「1.7[kg]」の様にして、その「石」の「重さ」の数値を知る事が出来ました。

:この時において、私は、その「石」の「重さ」≒「質量」と見なす事が出来る時には、私は、その拾ってきた「石」の「重力」を知る事が出来ます。・・・(etc.)

:このように、目前にある物質の「物理量」の一端を知る事が出来る様になります。

:こうした、大変身近な事柄からも、目前の事物の「物理量」を知る事は有益性はあることだと予想致します。従って、「ものさし」(あるいは「座標軸」)を持っていることには有用性はあると言及できることでしょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


{(注):今日、私は、同じ「高知市内」でも(朝倉地域からは離れて)・もう少し「都市部」の方へと、引っ越していきます。

:その為に、多少、次のアパートではまだ、LANケーブルが、新たに使えるように、自分で申し込まなければならないようですので、多少の日数の間は、ここの記述も出来なくなりますが、どうぞ、ご了承ください!!!


:私は「高知市内」の、新しいより都市部のアパートにおいて、必ずやPC程度は、申請させて頂きますので、多少の日数の後からは、また、新しくネットを始めさせて頂きます!!!


:今暫くお待ちください!!!



:今後とも、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます!!!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs


レンタル掲示板
341件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.