teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


映画「降りてゆく生き方」オーディションのお知らせ

 投稿者:長岡FC準備会メール  投稿日:2008年 4月 9日(水)10時36分35秒
  以前新潟でのオーディション開催をお知らせした映画「降りてゆく生き方」
ですが急遽長岡でもオーディションを開催することになりました。
新潟のあと十日町でも行われ、その後村上、長岡、湯沢、上越、佐渡と続きます。

映画の詳細は「NPO法人にっぽんプロデュース」のサイトをご覧ください。
http://www.nippon-p.org/blog/
ちなみに主演は武田鉄矢さんです。

長岡オーディションは4月12日(土)にリリックホールにて当会主催(長岡市共催)で行われます。オーディションといっても堅苦しいものではなく、参加者全員が出演できるようなものなので、ぜひお友達もお誘い合わせの上、こぞってご参加ください。

1.オーディション体験“祭”
【日時】4月12日(土) 10時~13時、14時~17時(9:30開場)
【場所】長岡リリックホール 第1スタジオ
●応募条件:なし(年齢、性別一切不問)初心者大歓迎
●応募方法:『郵送』『メール』『FAX』のいずれかで
●応募内容:プロフィールとして以下の内容を記載してお送りください。
『住所・氏名・年齢・性別・電話番号・交流会参加(する・しない)
 オーディション希望時間(午前・午後)』
※申込み受付後、集合時間をご連絡します。オーディションは1時間ほどで終了します。
●締め切り:2008年4月10日(木)必着
●応募先:裏面に記載
【郵送で】
〒940-2114  長岡市北山1-48-9 長岡フィルムコミッション準備会事務局
【メールで】audition@presario.jp
【FAXで】:0258-29-7606
【TELで】:090-2383-0436(高木)
いずれも「長岡・柏崎映画オーディション」係 宛

2.みんながつながる大交流会
【日時】4月12日(土)18:00~(17:30開場)
【場所】オーディション会場周辺予定
【会費】カンパ(1口:1000円) 中学生以下無料


以上よろしくお願いいたします。

長岡フィルムコミッション準備会
nagaoka-fc@lds5.com
事務局 和田

http://www.nippon-p.org/blog/

 
 

公演のご案内

 投稿者:ゆでたまごの会メール  投稿日:2008年 2月22日(金)10時47分48秒
  いつもお世話になっております。
ゆでたまごの会の公演及びシアターゴーイングの告知をさせてください。
内容がそぐわなければ、削除願います。

リリック演劇祭 シアターゴーイング参加作品

ゆでたまごの会A 「貝の火」
作:田中みゆき 演出:井上ほーりん
出演:羽二生大輔(劇団ミネルヴァの梟)/田中みゆき

公演日/公演時間:2008年2月24日(日)①15:00 ②19:00
会場:長岡リリックホール シアター特設ステージ
料金:全席自由 1,000円(当日200円増)

ゆでたまごの会「トイレはこちら」
作:別役実 演出:井上ほーりん
出演:田中みゆき/井上ほーりん

公演日/公演時間:2008年3月1日(土)①13:00 ②17:00
会場:長岡リリックホール 第1スタジオ
料金:全席自由 1,000円(当日200円増)


■詳細は http://www.geocities.jp/yudetamagonokai/
をご覧下さい。

■ブログにも情報あります。現在、更新中!?
 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/yudetamagonokai

■チケット予約はこちらのメールアドレスをご利用下さい。
 yudetamagonokai@yahoo.co.jp
 ・件名に「チケット予約」と入れて、氏名/連絡先/予約日/時間/予約枚数を必ず明記の上、送信してください。
 ・メール受信後、折り返しご連絡を差し上げます。

■シアターゴーつくり隊のブログ
 シアゴーつくり隊Blogも更新中です!情報を確認してください。
 http://theater-going.seesaa.net/

足場の悪い時節ですが、皆様のご来場を、心よりお待ちしております。
また、シアターゴーイングの演劇賞が変わりました。皆さんの投票で各賞が決定します。
皆さんで、シアターゴーイングをつくっていきましょう!

http://www.geocities.jp/yudetamagonokai/

 

シアターゴーイング開催

 投稿者:シアゴーつくり隊  投稿日:2008年 2月15日(金)18時43分39秒
  お世話になっております。
毎年長岡リリックホールにて開催されますリリックシアターゴ
ーイングの実行委員会でありますシアゴーつくり隊です。
演劇祭の告知をさせてください。

リリック演劇祭vol.11
シアターゴーイング 今回のテーマ「2人芝居まつり」
参加劇団と日程

2008/2/23(土)
●ジョイントアクションクラブ演劇部
『荒神~ARAGAMI~』
①13:00~ ②17:00~ 会場:第1スタジオ
●劇団空志童
『天なる花』
①15:00~ ②19:00~ 会場:シアター

2008/2/24(日)
●劇団わるだくみ
『カレーとイチロー』
①13:00~ ②17:00~ 会場:第1スタジオ
●ゆでたまごの会-A
『貝の火』
①15:00~ ②19:00~ 会場:シアター

2008/3/1(土)
●ゆでたまごの会-B
『トイレはこちら』
①13:00~ ②17:00~ 会場:第1スタジオ
●Area-Zero
『動物園物語』より
①15:00~ ②19:00~ 会場:シアター

以上の5劇団がそれぞれとっておきの「二人芝居」を披露いたします。劇団それぞれの個性を存分に味わってください。

料金は1公演券が1,000円(当日200円増)、フリーパス券が限定50枚2,000円となっております。
また、1公演券の半券をお持ちの方は「ワンモアクーポン」としてもう1公演を500円でご覧いただけます。

※公演に関する詳細はつくり隊blogに掲載しています。
(つくり隊blog http://theater-going.seesaa.net/)

主催
(財)長岡市芸術文化振興財団
企画・制作
シアゴーつくり隊
お問い合わせ
長岡市芸術文化振興財団内 シアゴーつくり隊事務局
TEL 0258-29-7715
 

公演告知をさせて下さい。

 投稿者:劇団わるだくみメール  投稿日:2007年11月30日(金)00時05分54秒
  いつも御世話になっております。劇団わるだくみです。
公演告知をさせて下さい。

劇団わるだくみ 第8回本公演
『天体戦士サンレッド』

原作:くぼたまこと(ヤングガンガン「天体戦士サンレッド」より)
構成・演出:高橋直也

☆公演日:2007年12月8日(土)①14:00 ②19:00
          9日(日)①14:00
☆場所:長岡リリックホール 第1スタジオ
☆料金:1,000円(当日200円増)
☆プレイガイド:長岡リリックホール・長岡市役所売店
☆予約メール:san-red@mail.goo.ne.jp
(氏名・連絡先・予約日・時間・枚数を必ず明記のうえ予約してください。メール受信後、折り返しご連絡を差し上げます)
※遅刻されたお客様は、係員がご案内するまで入場できないことがあります
※未就学児の入場はお断りいたします

☆問い合せ:san-red@mail.goo.ne.jpまでメールでどうぞ

http://waru.jpn.ch/

 

ありがとうございます

 投稿者:高野 裕メール  投稿日:2007年11月12日(月)23時53分27秒
  演劇の季節ですね
新潟県内もあちこちでお芝居が上演されるようになりましたね
ありがとうございます、皆さんからいろいろ情報書き込み感謝です

ところで、地元長岡のリリックでもこの11月20日に文学座の「殿様と私」という
なかなかの作品が上演されますね
さっき、井上さんがこの劇評をメールしてくれましたので参考までに掲載しておきます
長岡で上質の演劇が見られるようになることはうれしいことですね、ハイ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
劇評
 <朝日新聞>
マキノノゾミの新作戯曲は、題名の通り、ミュージカル「王様と私」を下敷きに
している。
「王様~」には〈西洋の文明国から来た女性が、遅れた東洋の国の男性を導く〉
という、今日では違和感のぬぐえない部分がある。だが、この「殿様と私」はそ
の図式を超えて、二つの文化の出会いと反発、そのうえで醸成される人間同士の
共感を描いている。優れた本歌取りだ。西川信廣演出。
 明治半ばの東京、白河子爵邸では、西洋化一辺倒の世を苦々しく思う当主の
「殿様」(たかお鷹)が酒浸りの日を送っていた。殿様はある夜、ちょんまげを
結っている家令(加藤武)が侮辱されたことへの仕返しに、井上外務卿の屋敷に
乗り込むといきり立つ。だが、息子に「鹿鳴館でみごとに踊ってみせ、和魂洋才
の手本を示すことこそ敵討ち」と諭され、「ばか騒ぎ」と軽蔑(けいべつ)して
いた夜会に出る決心をする。米国人技師の妻アンナ(富沢亜古)を指南役に招き、
英語の話せる車夫(浅野雅博)を通訳に、殿様のダンスのけいこが始まる。
 武家の価値観に固執する殿様と、それに反発するアンナ。2人はことあるご
とにぶつかるが、殿様は次第に、かたくなに拒んできた時代の変化を受け入れ始
める。一方、日本人を見下していたアンナの内面にも変化が起きる。多くの日本
人が犠牲になった英国船の沈没事故や、鹿鳴館にあこがれる殿様の娘の恋のてん
まつなど、明治の日本が外国と触れることで味わった痛みを絡ませながら、全体
を温かな感触の喜劇に仕上げた作劇がうまい。
 アンナが話す英語を、日本語のままにしたのも、舞台ならではのおもしろさ。
終幕で殿様とアンナとの言葉の通じない対話は感動的だ。
 演技陣はみな充実しているが、たかお、加藤が際立つ。この主従は時に奇行に
走って笑いを誘うが、そこには時代からはぐれた者の悲哀と虚無感もにじむ。愛
敬ある演技の中に、たかおは殿様の知性と威厳を、加藤は家令の一徹ぶりを鮮や
かに描き出す。

 <読売新聞>
ユル・ブリンナー主演の映画「王様と私」では、シャム王室の封建的な雰囲気に、
英国人女性が開明の風を吹き込む。今回の舞台では、元大名の頑迷な華族(たか
お鷹=写真右)に、米国人女性(富沢亜古=同左)が、自由の気風を呼び込む。
近代日本の人間像の描写に巧みなマキノノゾミの脚本は、終始、観客をほほ笑ま
せるぬくもりに満ちている。
 明治中期、鹿鳴館時代の東京。白河子爵(たかお)は、西洋化する風潮になじ
めず、元家来の雛田(加藤武)と酒を飲む日々を送っていた。ある日、雛田がちょ
んまげ姿をばかにされる事件があり、仕返しのため、逆に白河が西洋のダンスを
習い、鹿鳴館に乗り込む計画を立てる。教師として招き入れられるのが、米国の
カートライト夫人(富沢)である。
 白河とカートライト夫人は、ダンスに対する姿勢や、白河の娘、雪絵(松山愛佳)
の鹿鳴館デビューなどを巡り、ことごとく衝突。そこに、あくまで旧習にしがみ
つく雛田が絡み、「切腹する」と絶叫するなど、白河家は大揺れになる。
 たかおが、武者姿や忠臣蔵の討ち入りの装束など、様々な格好で出てくるたびに
場内は爆笑。全編を貫くのは、時代の変化のずれを笑いに転じた上質のユーモア
で、それを支えるのは、出演者と演出家(西川信廣)の絶えざる緊張感だろう。
そこにこの作品の魅力がある。
 日本語を解さず、英語で話す設定の富沢と、通訳(浅野雅博)を介した周囲と
の日本語の会話が、うまくかみ合って自然なのも芸の力を感じさせる。劇団の老
壮青の歯車がうまくかみ合った、極めて質の高いエンターテインメント作品だ。
 

「雨祭り」

 投稿者:衝劇祭実行委員会メール  投稿日:2007年11月 9日(金)12時30分34秒
  衝劇祭新潟2007、今週末の公演は・・・・
二年前が新潟初お目見えのI.Q150(アイキューイチゴーマル)。
シアターent.で公演した地元以外の劇団としては、圧倒的な観客動員を記録した仙台の劇団です。
前回上演の「浮人形」は王道ともいうべきスタンダードな物語でしたが
今回は、女優7名による良くも悪くも生々しい女、女、女!端から端まで女女、女! の物語。新潟に先駆けての仙台公演終了後、観客の感想も賛否両論、みんな語る、語る、語る!
その話題の舞台「雨祭り」を引っさげ、新潟へ再上陸です!
さてあなたは、どっちに転ぶ?
前公演では「例の掲示板」でSorA評価のみだったという伝説の劇団をお見逃しなく!!
●衝劇祭新潟2007参加作品
劇団I.Q150
「雨祭り」あめまつり
日程:2007年11月9日(金)-11日(日)
11月9日(金)19:30開演
11月10日(土)14:00/19:30開演
11月11日(日)14:00開演
(受付開始は開演時間の60分前 開場は開演時間の30分前)
会場:シアターent.
025-260-8859(※11/7-11の期間のみ)
JR:越後線「寺尾駅」より徒歩5分
バス:新潟交通
西小針経由「新潟大学行」もしくは「内野行」バス停「寺尾公園前」より徒歩2分
車:新新バイパス亀貝ICより7分
料金
前売一般:3,000円
当日一般:3,300円
前売学生:1,500円
当日学生:1,800円
(学生=大学生・専門学校生・高校生以下)
ペア:5,400円(前売予約のみ)
※小学生までは無料
日時指定・全席自由(整理券番号順に入場、整理券発行は開演60分前より)
満席の場合、当日券は発行いたしません。
チケット取扱:
I.Q150(電話・Web予約)
新大生協
シネ・ウインド
鳥の歌
COCOLO万代
COCOLO本館
ローソンチケット(Lコード:31878)
お問合せ・ご予約
シアターent.
025-260-8859

劇団HP http://www.iq150.info/
衝劇祭新潟 http://www.catacombe.net/syougeki2007/

http://www.catacombe.net/syougeki2007/

 

Area-Zeroより公演案内

 投稿者:Area-Zero  投稿日:2007年10月31日(水)22時54分23秒
  こんにちは。
Area-Zeroです。お世話になっております。
公演告知させてください。

Area-Zero 第3回公演
「冬のサボテン」

作  鄭義信
演出 広瀬珠実
出演 諸橋司/久保田慎/樋口伸介/樋口圭介/高橋要


    ・・・ この冬は冬ソナより冬サボ ・・・


●日時 11月10日(土)14:00~/19:00~
    11月11日(日)14:00~
    (開演は開場の30分前)

●会場 長岡リリックホール 第1スタジオ

●料金 一般前売 ¥1000
    学生前売 ¥500
    (当日は¥200増)

●プレイガイド
長岡リリックホール 0258-29-7715
または
樋口 090-2665-7307
   FAX 0258-33-3078
   (日時・氏名・枚数・連絡先明記)

   ― ご来場心よりお待ちしております 何卒! ―

http://www.area-zero.biz

 

公演告知をさせて下さい

 投稿者:ゆでたまごの会メール  投稿日:2007年 9月19日(水)11時16分33秒
  内容がそぐわなければ、削除下さい。
「ゆでたまごの会」を結成いたしました。第1回公演情報を告知させてください。

小作品の公演を中心に行なうためのユニット「ゆでたまごの会」を田中みゆき・井上ほーりんを中心に劇団枠を超え結成しました。 記念すべき第1作公演は、劇団カタコンベよりジャンボ佐々木氏を招き、劇作家界の大巨人別役実先生の中期作品2本立てです。

日時:
平成19年9月22日(土)
マチネ14:00 ソワレ19:30
   9月23日(日)
マチネ13:00 ソワレ17:00
(開場は上記開演時間の30分前)

場所:新潟市寺尾 「シアターent.」
出演:ジャンボ佐々木(劇団カタコンベ)・田中みゆき・井上きみ則(長岡戯曲研究会)
料金: 前売り一般 1,800円
    大学生以下 1,000円
(当日券はそれぞれ200円増し)

ご予約・お問い合わせはこちらまで
yudetamagonokai@yahoo.co.jp

URL:http://www.geocities.jp/yudetamagonokai/
ブログ:http://geocities.yahoo.co.jp/gl/yudetamagonokai

劇団の枠を超え、時代を超えて少人数芝居に挑む!

「とある街の、とある暗闇で出会った男と女。いかにもわけありな二人の会話は、何故か一向に咬み合わぬまま、思わぬ結末へ向かっていく……。今年130本目の作品上演を果たした劇作界の巨人・別役実の中期作品二本を上演。昨今流行のハートウォームではなく、シュールで上品なコメディーを、新潟&長岡演劇初の(?)本格コラボレーションで送ります。」

http://www.geocities.jp/yudetamagonokai/

 

柏崎の地震

 投稿者:高野 裕メール  投稿日:2007年 7月20日(金)12時12分59秒
  柏崎と言えば新潟県内の演劇のメッカとまで言われる
演劇関係者の多い場所
みなさん無事だったか気になります
どなたか情報などお持ちでしたら
書き込みしてみてください
 

旗揚げ公演

 投稿者:高野 裕メール  投稿日:2007年 7月 1日(日)12時46分2秒
  見てきました
おもしろかったですよ
なかなか体力勝負ですね
けっこう飽きずに見ることができましたね
ちょっと滑舌が悪くて聞き取れなかったところが気になったけど
旗揚げ公演としては大成功なのではないでしょうかね
こうなると今後が期待されますね

そうそう、ゲネの時写した写真の中から
あまり顔の写っていないモノだけを選んで
イメージとして私の日記ブログに掲載しておきました
もし、他の写真も公開してよければ掲載しますけれど
許可をもらってないからこの程度にしておきますね
よろしかったらご覧下さい
場所は私の地震日記の6月30日です
 

レンタル掲示板
/11