teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:16/62 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 高級駒箱

 投稿者:ゲンベイ  投稿日:2017年 8月19日(土)19時31分8秒
  通報 返信・引用 編集済
  かつどん さん、お返事ありがとうございます。

拭き漆に関しましては、
キコリさんが第一人者でして、本当の拭き漆の奥深さを探求するのでしたら、
キコリさんにお会いして教えて頂くのが一番なのですが、
私などが説明するには奥が深過ぎます。

簡単に言うと、世間一般の拭き漆と呼ばれているのは
拭き漆というより、塗り漆と言った方が適切であり、その塗り方が厚い事が特徴かと思います。

世間で一流と呼ばれる作家でも、
拭き漆の真髄に迫った方はほとんどいないと言っても宜しいかと思います。

本当の拭き漆は、塗膜が尋常でない程に薄く、そしてそれが何層にも渡って、
とても多い回数を重ねられているとの事です。うろ覚えですが、12~13層でしたか。
この辺はキコリさんにご教授いただくのが一番でしょう。

実際には、キコリさんの拭き漆を見るのが一番です。
私はキコリさんの包丁の柄を何本も見たのですが、非常に丁寧な仕事で、
薄い塗膜に仕上げられていました。

そして、超極薄の仕上げを何層にも行った場合には、色合いは濃くなりません。
むしろ、木の味わいを引き立て、杢の良さを引き上げてくれるものです。

将棋駒にも拭き漆を施す方がおります。また、アマチュアでも試しにやってみる方もいるようですが、彼らの作品を観ると、どれもが色濃くなっております。これは本来の拭き漆とは違うのです。

ウレタン塗装は、私も仕事でやる事がありますが
塗膜としてはとても厚く、非常に耐久性の高いものです。衝撃や傷にも強く耐水性もあります。

普通に仕上げますと、ウレタンは光沢が出てきますから
それが木の風合いを殺してしまう面があります。できることなら、漆仕上げの方が
木の自然な手触りを楽しめるものと思います。

ウレタンでも極薄仕上げが可能ですが、技術と手間が掛かります。
その場合、光沢を出さないような仕上げも可能です。
ただ、ウレタン塗装というのは、できるだけ効率的に容易に仕上げる際に使われる事が多い塗料ですから
駒箱でそのような仕上げにされているのは観た事がありません。
事実、低価格帯の駒箱にウレタン塗装が採用されているかと思います。

ウレタンは擦り傷自体が付きにくいですが、ちょっと目立つものが出来てしまった場合も
コンパウンドで磨いてやれば、殆どわからなくなります。

よって、普通に使用する分には何ら心配はありません。楽器と違い、駒箱の場合は激しい使い方をする事も
無いでしょうから、剥れる心配もほとんどないかと思います。

万が一、どこかで塗膜が欠けたりする場合が考えられますが、その際にも楽器用の補修するラッカー液を使って、欠けた傷にチョコッと盛って上げて、硬化してからコンパウンドで面一に
磨いてやると、傷はほとんどわからなくなります。これは、ラッカー塗装やウレタン塗装の楽器で私はたまにやる事がありまして、経験上大丈夫と見ています。ただ、経年変化で補修した箇所が痩せる場合もあります。
光に当てて角度を変えて見ないとわからないくらいのものですが。

道具というのは、使ってやるのが一番です。
10年20年と使っていった場合、傷は多かれ少なかれ付く事もありますが、
ただ、その傷も大切な思い出に変わっていきます。道具として味わいが出てくるものです。
樹齢何百年という木の、美しい部分だけを使って作られた駒箱だと思います。
鑑賞するだけでなく、どうか大切に使ってやってください。

下記、ページが私が普段使っている補修液です。
まあ、普通の方が使う事はほぼ無いと思いますが、紹介だけしておきます。

https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81-Freedom-Custom-Guitar-%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E5%A1%97%E8%A3%85%E7%94%A8%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E8%A3%9C%E4%BF%AE%E6%9D%90/dp/B0717BNJ9K

https://www.amazon.co.jp/Freedom-Custom-Guitar-Research-%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E8%A3%9C%E4%BF%AE%E6%9D%90/dp/B006Q7WU90

 
 
》記事一覧表示

新着順:16/62 《前のページ | 次のページ》
/62