物理文化論研究所[2017-09-17]よりopen!!!!!



カテゴリ:[ 子供/学校/教育 ]


260件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[262] (故)「服部哲雄」さま:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 4月19日(木)20時44分6秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「例えば、どんなに、その「ハチミツ」の「蜜の甘さ」が「美味しい」からと言っても、もしも

そこに「警察的なる見地」から見た時に、そこに「犯罪的な要素」が見てとられるのならば、



「そのハチ蜜の甘い美味しさの味」=「警察の視点から見た犯罪量の絶対値の大きさ」――①




◇:このような現象が、2015年以降の日本においては、特に「大都会」を中心として見られる様になってきた!と言う事が出来るのではないだろうか・・・!!!!!???




◇:私は、やはり、まだまだ(「理学士」としてですが)「物理科学」の分野において頑張って、上記、①式を「物理科学的」なる「数理物理式」として「記述仕上げる」自信があります。


{つまり「優れた「知能」が、常に「正しさ」という「座標軸」で測定した時に、常に「優良さ」が保証される、という「物理量」が、計算され出される!とは、限らないのである!!!}




◇◇::::「ポリュシカ・ポーレ」>「デカダンス」 ―――――(☆1)
         ↓           ↓

      {ロシアン的なる愛}>{芸術的な混乱に優美さを見出した愛}―――(☆2)
         ↓              ↓
       「秩序を内在した愛」>「ソドムとゴモラ的なる愛」―――― (☆3)



◇◇:従って、私は、やがて、上記、(☆1)~(☆3)あたり、までの「言葉・フレーズ」を

そう遠くない将来において、「数物的なる方程式」として、表現・記述を試みようと予定しております。





「私の尊敬します人物に(故)「服部哲雄」様という人物がいました。」



⇒この人物は、私が「宿命的」に、何らかの「縁」がありました、「稀有なる人物」でした。






:尊命中には、大変にお世話になりました。今さらながらに「服部哲雄様」に対して「感謝」をさせて頂きます!!!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs




[261] 「正しき者は、強くあれ」!!!!!

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 4月18日(水)20時47分18秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




:「量子力学」における「基本理論」の中の1つに「ハイゼンベルクの不確定性原理(関係)」

という(「ノーベル物理学賞」を受賞された理論物理学における絶対的なる法則があります。



それは、いわば、

        [⊿X,⊿Px]=h/4π  ――――― ①


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





◇:祖国のために生きた物理学者

 1932年、第32回ノーベル物理学賞の受賞者はドイツの物理学者、ヴェルナー・ハイゼンベルクである。舞台は、第一次世界大戦後のドイツだ。ナチスの台頭があり、多くの物理学者がドイツを離れる中、最後まで祖国の物理学のためにはたらいた人であった。

 ドイツの歴史を振り返ると、1918年のドイツ革命の結果、皇帝ヴィルヘルム2世は退位し、オランダに亡命した。社会民主党エーベルトを首相とする臨時政府が成立した。11月11日、ドイツは連合国との休戦条約に調印し、第一次世界大戦が終結した。

 第一次大戦の敗北後、1919年1月より戦勝国によるパリ講和会議が開かれ、同年6月ヴェルサイユ条約が結ばれた。ドイツは全植民地を失い、さらに石炭や鉄の主要な産地も失った。賠償金は1921年のロンドン会議で1320億金マルクと決められた。敗戦国ドイツにとって、賠償金の支払いはとうてい不可能であった。

「Werner Karl Heisenberg」


 当時は金本位制であったため、ドイツから金(GOLD)がどんどん流出していき、マルクの価値はどんどん下がっていった。これを見たフランスはベルギーと共に1923年1月11日ライン川を越えてルール地方を占領。賠償金を現物で受け取るという意思を実力で示した。ルール地方はドイツ最大の工業地帯であったため、ドイツ経済は破綻し、1923年ハイパーインフレ(1兆倍)を引き起こした。

 さらに1929年の世界恐慌の影響で深刻な不況と大量失業者を出したことによって、ドイツ経済は2度破綻した。その結果、中産階級の財産は失われた。社会が混乱を深める中、ヒトラー率いるナチス党が支持を広げていく。ヒトラーは1933年に政権を取り、公共事業や軍事施設の拡大により、ドイツ経済は復活する。


「ヴェルナー・ハイゼンベルグ」

 ヴェルナー・カール・ハイゼンベルク(1901年~1976年)は、ドイツの理論物理学者。行列力学と不確定性原理によって量子力学に絶大な貢献をした。

 ハイゼンベルグは、1901年ドイツ南部バイエルン州(生誕当時はバイエルン王国)ヴュルツブルクの、中産階級の家庭に生まれた。多感な青年時代、ドイツ革命があり、経済破綻する祖国を見て、愛国心から、国を憂えたことは、想像に難くない。

 ミュンヘン大学のアルノルト・ゾンマーフェルトに学び、マックス・ボルンの下で助手を務めた後、1924年にコペンハーゲンのニールス・ボーアの下に留学。ボルンとパスカル・ヨルダンの協力を得ながら、1925年に行列力学(マトリックス力学)をまためた。

 1926年コペンハーゲン大学講師になり、水素分子(H2)がオルト水素とパラ水素の2状態で存在することを予想(2つの原子のスピンが揃うか逆向きかという違い)。1929年に実際に確かめられた。

 1927年に不確定性原理を導いて、量子力学の確立に大きく寄与した。これらの功績で、1932年に31歳の若さでノーベル物理学賞を受賞する。受賞理由は「量子力学の創始ならびにオルト、パラ水素の発見」であった。

 その後、母国ドイツではナチス・ドイツの台頭で同僚の多くがドイツを去ったが、ハイゼンベルクは残り、場の量子論や原子核の理論の研究を進めた。ナチ党党員ではなかったものの、第二次世界大戦中は原爆開発に関わったとされる。イギリスのベルリン空爆では、家を失ったが、さいわい家族に犠牲はなかった。

 終戦後は他の開発者と共にイギリス情報局秘密情報部の手でイギリスのファーム・ホールに軟禁され、広島・長崎の原爆投下のニュースもそこで聞いた。それを聞いたハイゼンベルクは、そんなことは不可能だと驚いたという。戦後は、1946年から1970年までマックス・プランク物理学研究所の所長を務めた。


「不確定性原理とは」

 原子や素粒子などの微視的世界の粒子の位置と運動量を測定すると、粒子の状態が同じであってもこれらの物理量の測定値は一般にばらつく。この場合ばらつきの大きさの間には定まった関係がある。この関係を原理のようにみなしたとき、この関係を不確定性原理という。ドイツのハイゼンベルクが1927年にみいだしたものである。 ?電子とは何かを知ろうと思えば、最終的には「観測」という手段に頼らなければならない。平たく言えば、電子の「位置」や「運動の勢い」などを人間の目で確認すると言うことだ。

 しかし、電子は肉眼では見えないから、なにか間接的な方法で観測するしかない。では、電子にある種の電磁波を当てて、その位置と運動の勢い(運動量=物体の重さ×速さ:p=mv)を測ってみよう。

 まず、電子の位置を測定するためには、ガンマ線など波長の短い電磁波を当てる。すると、電子にぶつかった電磁波は、ある方向に跳ね返ってくるので、その方向から電子の位置がわかる。ところが、波長の短い光(ガンマ線)はエネルギーが強いため、電子のほうも飛ばされてしまう。その時、電子がどこへ飛んでいったかまではわからない。つまり、運動量が測定によって変化したせいで、しっかり測れなくなる。

 ならば、電子の運動量に影響しないように配慮して、エネルギーの弱い電磁波、つまり長い波長の電磁波を当てる。すると今度は、運動量はよくわかるが、弱いエネルギーの電磁波は電子にちゃんとぶつからないため、位置がはっきりしなくなる。

 ミクロの世界では、このように対象となるモノの位置や運動量を同時に正確に計ることはことができない。なぜなら、測定という行為自体が電子の状態に影響を与えてしまうからだ。この結果は、どんなに測定方法や計測機器などを精密にしても同じになる。

 これがハイゼンベルクの唱えた「不確定性原理」である。そしてこの不確定性原理は、量子論の基本となる考え方であり、また量子論が到達した結論のひとつだ。

「不確定性原理の式」

 もう少し、ハイゼンベルクの不確定性原理を詳しく見ていこう。実は、これには下のような式がある。

 位置と運動量の関係: [⊿x Δp] = h/4π

(Δx:位置の不確かさの幅 Δp:運動量の不確かさの幅?hは“プランク定数(6.626×10-34ジュール・秒)”)

 位置xにΔ(ギリシャ語のデルタ)がついたものは、電子がある位置に存在している不確かさを意味する。言いかえると、電子が、どこにいるかは微妙な誤差があり、その幅がデルタで表される。同じように電子の運動量についても、微妙な誤差の幅を考えてΔpと表される。

 そして、このΔxとΔpをかけ合わせると、必ずプランク定数よりも大きくなる。つまり、どんなに測定の精度を高めても、そこには必ずh程度の誤差が生まれるというわけだ。このプランク定数hは非常に小さな数値で、私たちの住むマクロの世界では、ほとんど影響がない。しかし、これがミクロの世界となると、大きく影響してしまう。

 以上のように不確定性原理に従うと、ミクロの世界を正確に測定するのは、不可能なことが分かる。ただし、何もかも分からなくなるのではなく、一方を確定すると他方が不確定の「反比例」の関係になるのだ。(図解雑学?量子論?佐藤勝彦監修?ナツメ社より)

 素粒子の世界は、我々の世界(マクロ)の法則が当てはまらない不思議な世界だが、ミクロの法則があり、不確定性原理の式「Δx Δp = h」という、簡単な式で表したところにハイゼンベルグの偉大さがある。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◇:例えば「policeman的なる「正しさ」」を知る為には、例えば次に挙げる様な「物理学の中にも「正しさ?」とでも言える、一見「異なる」様な「phenonena」








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「例えば、どんなに、その「ハチミツ」の「蜜の甘さ」が「美味しい」からと言っても、もしも

そこに「警察的なる見地」から見た時に、そこに「犯罪的な要素」が見てとられるのならば、



「そのハチ蜜の甘い美味しさの味」=「警察の視点から見た犯罪量の絶対値の大きさ」―― ②




◇:このような現象が、2015年以降の日本においては、特に「東京都」という「都会」を中心として見られる様になってきた!と言う事が出来るのではないだろうか・・・!!!!!???




◇:私は、やはり、まだまだ(「理学士」としてですが)「物理科学」の分野において頑張って、上記、②式を「物理科学的」なる「数理物理式」として「記述仕上げる」自信があります。


{つまり「優れた「知能」が、常に「正しさ」という「座標軸」で測定した時に、常に「優良さ」が保証される、という「物理量」が、計算され出される!とは、限らないのである!!!}




◇◇::::「ポリュシカ・ポーレ」>「デカダンス」 ―――――(☆1)
         ↓           ↓

      {ロシアン的なる愛}.{芸術的な混乱に優美さを見出した愛}―――(☆2)
         ↓              ↓
       「秩序を内在した愛」.  「ソドムとゴモラ的なる愛」―――― (☆3)



◇◇:従って、私は、やがて、上記、(☆1)~(☆3)あたり、までの「言葉・フレーズ」を

そう遠くない将来において、「数物的なる方程式」として、表現・記述を試みようと予定しております。








◇:そういう上記「ソドムとゴモラ的なる愛」を否定する「秩序の言葉」として「正しき者は強くあれ!!」という「フレーズ」が「方程式」となる「根拠のエビデンス」があるという事象が表明出来得る事でしょう・・・!!!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[260] 「素粒子物理学」へと向かうべき:::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 4月17日(火)17時55分38秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇◇:今後は、特に「素粒子物理学」の分野へと向かうべきでしょう、きっと!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

△:実際、私が「20代前半」の頃までの「日大・理工・物理学科生」でした頃にも、既に(学部レベルにおいても)「素粒子物理学」という物理の科目はありまして~そうですね~私は当初から、この「素粒子物理学」を学びたかった記憶を、思い出してきました!!!


△:この「素粒子物理学」の分野は「場の量子論」のその先にあるようでもありまして、当然に「量子力学」の十分な理解を「前提」としています!!!!


△:私は、1989年3月に「日大・理工・物理学科卒」「理学士」を得たのですが、現在、1998年発行の「素粒子物理学」(朝倉書店)の書を、近隣大学様から借りてきて持っておりますが、


・非常に「興味深い理論物理の内容」が記述されています!!!!!



・やはり、(理論)「物理学」の最終の姿は「素粒子物理学」の分野の中にあるのでしょう!!










◇◇◇:なぜならば、その「素粒子物理学」の研究の先にこそ「超弦理論」が存在してあるだろうはずだからです・・・・・!!!!!










::::◇◇:そして、その「素粒子物理学」の研究成果の「方程式」の中のいずれかの方程式辺りに関して、この「物理文化論」[改訂版]をも、その中の「方程式」を、繋げていく方向性を探っていくべきなのだろうと、考えております・・・!!!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[259] 「私の好きな場所(地域)」など:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 4月17日(火)05時44分2秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:いつもながらに、「人生日々これ「1+1」の加算計算」の日々」を、特に「無理なく」「go on as usual」という様に、(基本は)「小さな事を積み重ねていく」という姿勢ですね、こういう細やかな態度・姿勢とでも申しましょうか?出来得る限りに、忘れる事なく、日々の「小さな事柄」の、なるだけの「長き」に渡る範囲内において、基礎事項の積み重ねの重要さを忘れることなく、日々を勢いもせずに、でも、フランクな最中にも着実性を保ちながらに、「go on as usual」の考えを忘れる事がありませんように「BUDDHA」に祈りをささげながらにも、どうぞ、より良い日々が得られます様に、よろしくお願い致します・・・!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・「物理文化論」[改訂版]を、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・!!!!!


https://www.youtube.com/watch?v=WaMiWnWc_zo





◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










:::あと、この「春の季節」が終わるまでには、少なくとも、もう少し、多少なりの「英語」(中学・高校の英語レベル)の「review」(学習)を、積み重ねていくべきなのかも、しれませんね。


・確かに「英語」で、自身の「意見・考え」を多少なり、「発言」出来るようになりますと、随分と「発想自体」も「国際的?」になるようでもあり、表現豊かになる為の「秘訣」と言えるかも、しれません。




・「英語」の学習は「都会」や「地方」などに依らずにですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(注):::


{ちなみに、私の「卒論」のテーマ(タイトル)は「電磁界中における荷電粒子の運動について」という、いわゆる「マクスウェル方程式」の導出!の辺りまで、でした。}


(もう、随分と「遠い昔」の「平成元年」の頃の出来事のこととなります!!!)



(いまでは「マクスウェル方程式」によって描写される「電磁気学」は、古典物理学の一つになってしまいました)


:::科学は常に「進化」「精進」を要求されるという訳ですね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



:::「I am not a statesman,yet」⇔「If I may be so, when the time is my age about over 60 years old.」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「 I am one of the 〝バチェラー・オブ・サイエンス”now a days, yet」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私は「理学士」の中の1人として」「ただひたすらに「物理文化論」[改訂版]という


::(政治とは無関係な)むしろ「理工学部系統」の分野に属するような「アカデミックな学際的な領域・分野」を、日本の中の四国は高知市内」において「今後数年間」を費やして打ち立てていく予定でございます!!!!!




:::::どうぞ、よろしく、お願い致します!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








「素粒子の超弦理論」:[岩波講座](物理の世界):5:という、優れた本がありました:::!!!!!






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「素粒子」と「超弦理論」と、「物理文化論」[改訂版]と「新・唯心論(第二版)」などを、何

とか、上手に、繋ぎ合わせる事に成功出来たならば、その時にこそ、「唯物論的科学」は、破れ

去る事になるでしょう・・・!!!!!



◇:もう、あと、多少の時間・年月が必要でしょうか・・・?????


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「2018年の2月にありました「ピョンチャン・オリンピック」の主題歌「サザンカ」です!!!


https://www.youtube.com/watch?v=pw2di3acrWg


「by、SEKAI NO OWARI」です!!!どうぞ、よく、お聴き下さい!!!


「千夜一夜の物語」ではありませんが、しかし、刹那的な「今」よりも、今後「2100年」までという範囲内において、どうぞ、「物理文化論」[改訂版]を、ご覧になっていて下さい!!!


◇◇◇:その未来のときに、あなた方は、その「正解」を理解する事になるでしょう、きっと!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「(場合によっては)私は「50代いっぱい」にて「自殺」するでしょう、きっと!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[258] 「2100年までの間には」:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 4月16日(月)20時55分51秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:いつもながらに、「人生日々これ「1+1」の加算計算」の日々」を、特に「無理なく」「go on as usual」という様に、(基本は)「小さな事を積み重ねていく」という姿勢ですね、こういう細やかな態度・姿勢とでも申しましょうか?出来得る限りに、忘れる事なく、日々の「小さな事柄」の、なるだけの「長き」に渡る範囲内において、基礎事項の積み重ねの重要さを忘れることなく、日々を勢いもせずに、でも、フランクな最中にも着実性を保ちながらに、「go on as usual」の考えを忘れる事がありませんように「BUDDHA」に祈りをささげながらにも、どうぞ、より良い日々が得られます様に、よろしくお願い致します・・・!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・「物理文化論」[改訂版]を、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・!!!!!


https://www.youtube.com/watch?v=WaMiWnWc_zo





◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










:::あと、この「春の季節」が終わるまでには、少なくとも、もう少し、多少なりの「英語」(中学・高校の英語レベル)の「review」(学習)を、積み重ねていくべきなのかも、しれませんね。


・確かに「英語」で、自身の「意見・考え」を多少なり、「発言」出来るようになりますと、随分と「発想自体」も「国際的?」になるようでもあり、表現豊かになる為の「秘訣」と言えるかも、しれません。




・「英語」の学習は「都会」や「地方」などに依らずにですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(注):::


{ちなみに、私の「卒論」のテーマ(タイトル)は「電磁界中における荷電粒子の運動について」という、いわゆる「マクスウェル方程式」の導出!の辺りまで、でした。}


(もう、随分と「遠い昔」の「平成元年」の頃の出来事のこととなります!!!)



(いまでは「マクスウェル方程式」によって描写される「電磁気学」は、古典物理学の一つになってしまいました)


:::科学は常に「進化」「精進」を要求されるという訳ですね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



:::「I am not a statesman,yet」⇔「If I may be so, when the time is my age about over 60 years old.」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「 I am one of the 〝バチェラー・オブ・サイエンス”now a days, yet」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私は「理学士」の中の1人として」「ただひたすらに「物理文化論」[改訂版]という


::(政治とは無関係な)むしろ「理工学部系統」の分野に属するような「アカデミックな学際的な領域・分野」を、日本の中の四国は高知市内」において「今後数年間」を費やして打ち立てていく予定でございます!!!!!




:::::どうぞ、よろしく、お願い致します!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








「素粒子の超弦理論」:[岩波講座](物理の世界):5:という、優れた本がありました:::!!!!!






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「素粒子」と「超弦理論」と、「物理文化論」[改訂版]と「新・唯心論(第二版)」などを、何

とか、上手に、繋ぎ合わせる事に成功出来たならば、その時にこそ、「唯物論的科学」は、破れ

去る事になるでしょう・・・!!!!!



◇:もう、あと、多少の時間・年月が必要でしょうか・・・?????


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「2018年の2月にありました「ピョンチャン・オリンピック」の主題歌「サザンカ」です!!!


https://www.youtube.com/watch?v=pw2di3acrWg


「by、SEKAI NO OWARI」です!!!どうぞ、よく、お聴き下さい!!!


「千夜一夜の物語」ではありませんが、しかし、刹那的な「今」よりも、今後「2100年」までという範囲内において、どうぞ、「物理文化論」[改訂版]を、ご覧になっていて下さい!!!


◇◇◇:その未来のときに、あなた方は、その「正解」を理解する事になるでしょう、きっと!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「(場合によっては)私は「50代いっぱい」にて「自殺」するでしょう、きっと!!!








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[257] 「唯物論科学」を、破る為に:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 4月15日(日)21時12分58秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:いつもながらに、「人生日々これ「1+1」の加算計算」の日々」を、特に「無理なく」「go on as usual」という様に、(基本は)「小さな事を積み重ねていく」という姿勢ですね、こういう細やかな態度・姿勢とでも申しましょうか?出来得る限りに、忘れる事なく、日々の「小さな事柄」の、なるだけの「長き」に渡る範囲内において、基礎事項の積み重ねの重要さを忘れることなく、日々を勢いもせずに、でも、フランクな最中にも着実性を保ちながらに、「go on as usual」の考えを忘れる事がありませんように「BUDDHA」に祈りをささげながらにも、どうぞ、より良い日々が得られます様に、よろしくお願い致します・・・!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・「物理文化論」[改訂版]を、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・!!!!!


https://www.youtube.com/watch?v=WaMiWnWc_zo





◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










:::あと、この「春の季節」が終わるまでには、少なくとも、もう少し、多少なりの「英語」(中学・高校の英語レベル)の「review」(学習)を、積み重ねていくべきなのかも、しれませんね。


・確かに「英語」で、自身の「意見・考え」を多少なり、「発言」出来るようになりますと、随分と「発想自体」も「国際的?」になるようでもあり、表現豊かになる為の「秘訣」と言えるかも、しれません。




・「英語」の学習は「都会」や「地方」などに依らずにですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(注):::


{ちなみに、私の「卒論」のテーマ(タイトル)は「電磁界中における荷電粒子の運動について」という、いわゆる「マクスウェル方程式」の導出!の辺りまで、でした。}


(もう、随分と「遠い昔」の「平成元年」の頃の出来事のこととなります!!!)



(いまでは「マクスウェル方程式」によって描写される「電磁気学」は、古典物理学の一つになってしまいました)


:::科学は常に「進化」「精進」を要求されるという訳ですね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



:::「I am not a statesman,yet」⇔「If I may be so, when the time is my age about over 60 years old.」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「 I am one of the 〝バチェラー・オブ・サイエンス”now a days, yet」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私は「理学士」の中の1人として」「ただひたすらに「物理文化論」[改訂版]という


::(政治とは無関係な)むしろ「理工学部系統」の分野に属するような「アカデミックな学際的な領域・分野」を、日本の中の四国は高知市内」において「今後数年間」を費やして打ち立てていく予定でございます!!!!!




:::::どうぞ、よろしく、お願い致します!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








「素粒子の超弦理論」:[岩波講座](物理の世界):5:という、優れた本がありました:::!!!!!






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「素粒子」と「超弦理論」と、「物理文化論」[改訂版]と「新・唯心論(第二版)」などを、何

とか、上手に、繋ぎ合わせる事に成功出来たならば、その時にこそ、「唯物論的科学」は、破れ

去る事になるでしょう・・・!!!!!



◇:もう、あと、多少の時間・年月が必要でしょうか・・・?????










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[256] 「I believe Buddha.」:::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 4月15日(日)04時41分43秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:いつもながらに、「人生日々これ「1+1」の加算計算」の日々」を、特に「無理なく」「go on as usual」という様に、(基本は)「小さな事を積み重ねていく」という姿勢ですね、こういう細やかな態度・姿勢とでも申しましょうか?出来得る限りに、忘れる事なく、日々の「小さな事柄」の、なるだけの「長き」に渡る範囲内において、基礎事項の積み重ねの重要さを忘れることなく、日々を勢いもせずに、でも、フランクな最中にも着実性を保ちながらに、「go on as usual」の考えを忘れる事がありませんように「BUDDHA」に祈りをささげながらにも、どうぞ、より良い日々が得られます様に、よろしくお願い致します・・・!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・「物理文化論」[改訂版]を、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・!!!!!


https://www.youtube.com/watch?v=WaMiWnWc_zo





◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










:::あと、この「春の季節」が終わるまでには、少なくとも、もう少し、多少なりの「英語」(中学・高校の英語レベル)の「review」(学習)を、積み重ねていくべきなのかも、しれませんね。


・確かに「英語」で、自身の「意見・考え」を多少なり、「発言」出来るようになりますと、随分と「発想自体」も「国際的?」になるようでもあり、表現豊かになる為の「秘訣」と言えるかも、しれません。




・「英語」の学習は「都会」や「地方」などに依らずにですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(注):::


{ちなみに、私の「卒論」のテーマ(タイトル)は「電磁界中における荷電粒子の運動について」という、いわゆる「マクスウェル方程式」の導出!の辺りまで、でした。}


(もう、随分と「遠い昔」の「平成元年」の頃の出来事のこととなります!!!)



(いまでは「マクスウェル方程式」によって描写される「電磁気学」は、古典物理学の一つになってしまいました)


:::科学は常に「進化」「精進」を要求されるという訳ですね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



:::「I am not a statesman,yet」⇔「If I may be so, when the time is my age about over 60 years old.」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「 I am one of the 〝バチェラー・オブ・サイエンス”now a days, yet」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私は「理学士」の中の1人として」「ただひたすらに「物理文化論」[改訂版]という


::(政治とは無関係な)むしろ「理工学部系統」の分野に属するような「アカデミックな学際的な領域・分野」を、日本の中の四国は高知市内」において「今後数年間」を費やして打ち立てていく予定でございます!!!!!




:::::どうぞ、よろしく、お願い致します!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








「素粒子の超弦理論」:[岩波講座](物理の世界):5:という、優れた本がありました:::!!!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[255] 「いろいろ」です:::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 4月14日(土)18時42分39秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


::I want to speak all of my thinking, and also all of my feeling. so that I require my study of English every time, it may be able to be, as I feel like.










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[254] 「素粒子と時空」への「コネクト」が必要か:::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 4月13日(金)22時27分21秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:いつもながらに、「人生日々これ「1+1」の加算計算」の日々」を、特に「無理なく」「go on as usual」という様に、(基本は)「小さな事を積み重ねていく」という姿勢ですね、こういう細やかな態度・姿勢とでも申しましょうか?出来得る限りに、忘れる事なく、日々の「小さな事柄」の、なるだけの「長き」に渡る範囲内において、基礎事項の積み重ねの重要さを忘れることなく、日々を勢いもせずに、でも、フランクな最中にも着実性を保ちながらに、「go on as usual」の考えを忘れる事がありませんように「BUDDHA」に祈りをささげながらにも、どうぞ、より良い日々が得られます様に、よろしくお願い致します・・・!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・「物理文化論」[改訂版]を、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・!!!!!


https://www.youtube.com/watch?v=WaMiWnWc_zo





◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










:::あと、この「春の季節」が終わるまでには、少なくとも、もう少し、多少なりの「英語」(中学・高校の英語レベル)の「review」(学習)を、積み重ねていくべきなのかも、しれませんね。


・確かに「英語」で、自身の「意見・考え」を多少なり、「発言」出来るようになりますと、随分と「発想自体」も「国際的?」になるようでもあり、表現豊かになる為の「秘訣」と言えるかも、しれません。




・「英語」の学習は「都会」や「地方」などに依らずにですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(注):::


{ちなみに、私の「卒論」のテーマ(タイトル)は「電磁界中における荷電粒子の運動について」という、いわゆる「マクスウェル方程式」の導出!の辺りまで、でした。}


(もう、随分と「遠い昔」の「平成元年」の頃の出来事のこととなります!!!)



(いまでは「マクスウェル方程式」によって描写される「電磁気学」は、古典物理学の一つになってしまいました)


:::科学は常に「進化」「精進」を要求されるという訳ですね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



:::「I am not a statesman,yet」⇔「If I may be so, when the time is my age about over 60 years old.」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「 I am one of the 〝バチェラー・オブ・サイエンス”now a days, yet」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私は「理学士」の中の1人として」「ただひたすらに「物理文化論」[改訂版]という


::(政治とは無関係な)むしろ「理工学部系統」の分野に属するような「アカデミックな学際的な領域・分野」を、日本の中の四国は高知市内」において「今後数年間」を費やして打ち立てていく予定でございます!!!!!




:::::どうぞ、よろしく、お願い致します!!!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








「素粒子の超弦理論」:[岩波講座](物理の世界):5:という、優れた本がありました:::!!!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs



[253] 「go on as usual」という要件:::::

投稿者: Toshihiro-Hamada(54歳) 投稿日:2018年 4月12日(木)20時23分38秒 p156205-ipngn200301kouchi.kochi.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



◇:いつもながらに、「人生日々これ「1+1」の加算計算」の日々」を、特に「無理なく」「go on as usual」という様に、(基本は)「小さな事を積み重ねていく」という姿勢ですね、こういう細やかな態度・姿勢とでも申しましょうか?出来得る限りに、忘れる事なく、日々の「小さな事柄」の、なるだけの「長き」に渡る範囲内において、基礎事項の積み重ねの重要さを忘れることなく、日々を勢いもせずに、でも、フランクな最中にも着実性を保ちながらに、「go on as usual」の考えを忘れる事がありませんように「BUDDHA」に祈りをささげながらにも、どうぞ、より良い日々が得られます様に、よろしくお願い致します・・・!!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・「物理文化論」[改訂版]を、どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・!!!!!


https://www.youtube.com/watch?v=WaMiWnWc_zo





◇:どうぞ、よろしく、お願い申し上げます・・・!!!!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










:::あと、この「春の季節」が終わるまでには、少なくとも、もう少し、多少なりの「英語」(中学・高校の英語レベル)の「review」(学習)を、積み重ねていくべきなのかも、しれませんね。


・確かに「英語」で、自身の「意見・考え」を多少なり、「発言」出来るようになりますと、随分と「発想自体」も「国際的?」になるようでもあり、表現豊かになる為の「秘訣」と言えるかも、しれません。




・「英語」の学習は「都会」や「地方」などに依らずにですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(注):::


{ちなみに、私の「卒論」のテーマ(タイトル)は「電磁界中における荷電粒子の運動について」という、いわゆる「マクスウェル方程式」の導出!の辺りまで、でした。}


(もう、随分と「遠い昔」の「平成元年」の頃の出来事のこととなります!!!)



(いまでは「マクスウェル方程式」によって描写される「電磁気学」は、古典物理学の一つになってしまいました)


:::科学は常に「進化」「精進」を要求されるという訳ですね。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



:::「I am not a statesman,yet」⇔「If I may be so, when the time is my age about over 60 years old.」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「 I am one of the 〝バチェラー・オブ・サイエンス”now a days, yet」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


:::「私は「理学士」の中の1人として」「ただひたすらに「物理文化論」[改訂版]という


::(政治とは無関係な)むしろ「理工学部系統」の分野に属するような「アカデミックな学際的な領域・分野」を、日本の中の四国は高知市内」において「今後数年間」を費やして打ち立てていく予定でございます!!!!!




:::::どうぞ、よろしく、お願い致します!!!!!










http://6908.teacup.com/123abcdcba321/bbs


レンタル掲示板
260件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.